ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年1月号(テキスト版)28~30ページ 市政ニュース・市長コラム・リニア新駅を奈良市に

本文

奈良しみんだより平成29年1月号(テキスト版)28~30ページ 市政ニュース・市長コラム・リニア新駅を奈良市に

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

「地域の子どもは地域で守る」子ども安全の日の集い

11月12日に市役所で「子ども安全の日の集い」を開催しました。この集いは、平成16年に市内で発生した小学生女児誘拐殺人事件を受け開催しており、今回で12回目を迎えます。集いでは、市立一条高等学校、三笠中学校、佐保川小学校の子ども達が1年間の実践について発表がありました。また、東登美ヶ丘小学校、登美ヶ丘北中学校、登美ヶ丘高等学校が連携して行った地域の清掃活動等の報告がありました。参加した子どもからは「来年も引き継いでいけるように頑張りたいです」大人からは「生徒達がしっかりした意見や考えを持っていることに安心しました」という声がありました。

TopSportsCity奈良4チームが市民と交流

11月23日にならでんアリーナで「enjoyスポーツ大作戦2016」を開催し、TopSportsCity奈良事業のパートナーチーム4チームの選手と市民が交流を行いました。各チームのアトラクションを選手と一緒に体験したり、「わくわく運動会」として選手と一緒に長縄跳びやリレーを行う等、選手と直接触れ合い汗を流しました。参加した選手からも「すごく楽しい時間を過ごすことができました」「他競技の人達と触れ合えたのは楽しかったし、良い経験になりました」と、選手と市民ともにスポーツの秋を楽しみました。
【パートナーチーム】バンビシャス奈良(バスケットボール)奈良クラブ(サッカー)シエルヴォ奈良(サイクリング)南都銀行SHOOTINGSTARS(ホッケー)

心も満腹、食の秋!奈良の特産品をPR

11月23日に市役所噴水広場で市内産の農林畜産物等を販売する「彩マーケット」を開催し、奈良市産の新鮮な野菜や加工品等を販売・PRしました。鮮度の高い野菜などを購入することができ、参加者はあらためて地元産の魅力を感じていました。また、11月26日・27日にはJR奈良駅前で「奈良市友好・姉妹・連携都市物産フェア&商店街の逸品市」を開催し、各市が観光PRや特産品の販売を行いました。今回は熊本県宇土市が特別参加する等、訪れた人たちでにぎわいました。

未来の看護師たちが「市長と気軽にトーク」

11月25日に、市立看護専門学校で「市長と気軽にトーク奈良市立看護専門学校編市長×未来の看護師~人の役に立つために~」を行いました。なぜ看護師をめざしているか、どんな看護師になりたいか等をテーマに、市長、同学校長、同校を平成28年3月に卒業(1期生)した看護師が2年生40人と約1時間のトークを繰り広げました。市長に健康管理の方法をたずねる等、看護学生ならではの質問もありました。参加した学生は「奈良市に貢献できる看護師になりたい」「笑顔を忘れず信頼される看護師になりたい」など思いを語りました。

国民体育大会優勝!オリンピックをめざす!

10月に開催した第71回国民体育大会(2016希望郷いわて国体)で優勝した、樋口陸人さん(陸上少年男子共通110メートル障害)と、周成超Nigelさん(クレー射撃成年トラップ個人)が市長に優勝報告を行いました。奈良育英高等学校2年生の樋口さんは、今年のリオ五輪女子マラソンに出場した伊藤舞選手と同じ平城東中学校の出身で、平成27年8月号のしみんだよりでも特集しています。今回の国体では大会新記録で優勝。4年後のオリンピックでも期待がかかります。

市長コラム Vol.68

今月号の特集は一年間の取り組みをカルタ形式でお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?実はしみんだよりの特集は、広報広聴課の職員と一緒に毎月編集会議を行っています。忙殺されることも多い日常業務の中でも特に力を入れる理由は、市民のみなさんに直接メッセージを届けることができる唯一の媒体だからです。なるべく行政用語は使わず、一方通行にならないためにはどうすれば良いか?毎回の会議の悩みです。先月号の消防特集では若手職員が体験取材に駆け回り、実感のこもった記事を届けてくれました。特に子ども達に大人気の消防車両をクローズアップしたり、仕事を持ちながら消防団活動に従事する団員を支える家族に焦点を当てたりする等、現場目線の情報が光っています。さらに良い広報紙となるよう、今年も職員一丸となって頑張ります 仲川げん

リニア新駅を奈良市に

リニア新駅誘致パンフレットを一新!奈良市リニア新駅誘致PRパンフレットをリニューアルしました。表紙には、平成27年度に実施した「未来に残したい、奈良を感じる鉄道写真コンテスト」金賞作品『朱雀門』を採用し、奈良市らしい華やかなデザインに。「奈良市にリニア新駅ができると、どういうメリットがあるの?」「遺跡が多くても駅建設は可能?」などみなさんの疑問に答える内容です。パンフレットはリニア推進課(市役所北棟2階)に設置HPからも閲覧・ダウンロード可能です

新奈良町にぎわい構想(修正案)に関する意見(パブリックコメント)募集

【募集期間】1月10日(火曜日)~2月3日(金曜日)
【応募資格】市内に在住・在勤・在学の個人、市内に事務所・事業所を有する個人・法人とその他の団体
【応募方法】意見と住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、2月3日必着で奈良町にぎわい課へ。Fax、 Eメールも可。
※電話、口頭は不可。
【閲覧場所】奈良町にぎわい課、総務課、各出張所、各行政センター。ホームページにも掲載
【その他】意見は個人情報を除いて公開する場合があります。意見への個別対応はできません。
問合せ 奈良町にぎわい課(電話番号:0742-24-8936ファックス番号0742-24-8937 Eメール:naramachinigiwai@city.nara.lg.jp)

しみんだより平成29年1月号 一覧へ戻る