ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

奈良市教育セミナー「奈良市の未来型教育2020」について

更新日:2020年2月12日更新 印刷ページ表示

◇セミナーのお知らせ

 下記の通り、奈良市教育セミナーを開催します。

2020年度から、学校現場では新学習指導要領が順次実施されます。「教えから学びへ」をキーワードに、これまでの教育のあり方を見つめ直し、新時代を生きる子どもたちを育てる教育へシフトします。奈良市で実施しているEdTech(教育:Educationと技術:Technologyを組み合わせた造語)やデータを用いた未来型教育を紹介するブースでは、実際に体験していただけます。ご来場お待ちしています。(参加無料)

※詳細につきましては、「リーフレット(PDF1.6MB)」をご覧ください。

◇とき、ところ

〇日時
 令和2年2月22日(土) 13:00~15:45

〇会場
 奈良市教育センター(8・9F)

◇申込方法

◯WEBによる申込
 Web申込はこちら<外部リンク>
 

◯メールによる申込
 kyouikushiensoudan@city.nara.lg.jp

◯お電話による申込
 0742-36-0401  奈良市教育センター 教育支援・相談課

 
〇申込締切
 いずれの申込も令和2年2月12日(水)まで

◇詳細

〇13:10-13:40 基調講演
大阪大学大学院経済学研究科 教授 大竹 文雄 氏
内容:「『学びなら』の教育効果」
NHKや民放などで多数出演!大竹文雄先生の講演を開催!!
前年度、「教育にデータを使う」をテーマに教育効果のエビデンスとしてデータを用いることの重要性についてご講演をいただきました。今年度は奈良市の教育施策、特に「学びなら」について、データ分析の視点からその教育効果をご講演していただきます。
 

〇13:40-14:45 シンポジウム
テーマ:「これからの教育のあり方~EdTech with D~」
モデレーター:大竹 文雄 氏(大阪大学大学院経済学研究科 教授)
学識経験者:小柳 和喜雄 氏(奈良教育大学教職大学院 教授)
パネリスト:教員 保護者  他
奈良市で実施している「学びなら」から始まる、教育とICTを使ったこれからの指導方法や、学校教育におけるデータ活用の意義について、教員、保護者の代表に登壇いただき、ディスカッションします。
 

〇14:45-15:45 体験ブース~奈良市EdTech~
奈良市で実施している未来型教育を体験していただけます。
(1)「学びなら」         
(2)「放課後学習教室」   
(3)「プログラミング教育」     
(4)「なら学びの広場」    
(5)「学習支援デジタルドリル」  
(6)「テスト自動採点システム」
(7)「スマート・スクール」
(8)「コミュニティ・スクール」
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。必要に応じてダウンロードしてください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)