ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > > 条例 > 奈良市もてなしのまちづくり条例が施行されました。

本文

奈良市もてなしのまちづくり条例が施行されました。

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 市民一人一人が奈良に誇りと愛着とを持ち、もてなしの心を育むまちづくりを市、市民及び事業者が協働して推進し、もって誰もが訪れたくなり、末永く暮らしたくなる魅力あふれる奈良市を実現することを目的として、奈良市もてなしのまちづくり条例を制定し、平成21年4月1日に施行しました。

どのような内容か

 本則は「第1章 総則」「第2章 基本的施策」「第3章 もてなしのまちづくり推進委員会」の3つで構成し、奈良市におけるもてなしのまちづくりの趣旨や背景を述べるために、前文を付しました。
「第1章 総則」では、目的・定義・基本理念・市の責務・市職員の責務・市民の役割・事業者の役割・来訪者の協力について定めました。
「第2章 基本的施策」では、もてなしのまちづくりに関する市の施策の基本的事項として、行動計画、広報及び啓発、活動の促進、学習の支援及び教育、観光の振興、交流の促進、美しいまちづくり、優しいまちづくり、地域社会の形成の促進、情報収集及び調査研究、顕彰について定めました。
「第3章 もてなしのまちづくり推進委員会」では、もてなしのまちづくりの推進を図るため、奈良市もてなしのまちづくり推進委員会を置き、その所掌事項、組織について定めました。

どのように制定されたのか

 市民のみなさんの意見を多く取り入れるため、平成19年10月に学識経験者や市民公募委員等で構成される奈良市もてなしのまちづくり条例(仮称)検討委員会を設置し、条例に盛り込むべき内容について活発な議論を行われるとともに、委員会でまとめた条例(素案)委員会の中間報告を公開し、広く意見を募集しました。その成果として平成21年2月に委員会から提言を受け、その内容を最大限尊重しました。

どのように活用するか

 もてなしのまちづくり条例を基に、もてなしのまちづくり推進委員会を設置し、もてなしのまちづくりに向けて行動計画を策定します。
 その後、市・市民・事業者が共にもてなしについて考え発展させていく、もてなしのまちづくり推進協議会(仮称)の設立を目指しています。

ダウンロード

奈良市もてなしのまちづくり条例[PDFファイル/17KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


環境
観光経済
議会
危機管理
健康医療
子育て・教育
消防
都市整備・建設
福祉
法務・総務