ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 事業者募集 > 入札・契約(リンク) > 入札・契約 > 電子入札システム(新方式:脱Java)への移行について

本文

電子入札システム(新方式:脱Java)への移行について

更新日:2020年7月20日更新 印刷ページ表示

【重要】電子入札システム(新方式:脱JAVA)への移行について

奈良市電子入札システムは、全国で進められている新方式(脱Java)による電子入札システムへ令和2年9月23日(水曜日)から移行します。

 移行日以降のシステム利用には、ご利用のパソコンへの電子入札補助アプリの設定などが必要となります。
 未対応の場合は、令和2年9月23日(水曜日)以降、システムが利用できなくなりますので、お手数をおかけしますが、必ずご準備いただきますようお願い致します。
 詳細につきましては、以下の「新方式(脱JAVA)への移行のお知らせ」をご参照ください。
 なお、既に他の自治体等で設定済の場合は、再度設定する必要性はありません。
 
 
 また、全国での以降の取組については、JACIC(一般財団法人日本建設情報総合センター)から、電子入札コアシステムホームページの応札者向け情報に、「電子入札コアシステム(新方式:脱Java)への移行について(2019年11月22日)」の記事が掲載されております。
 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)