ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

利用権設定促進事業

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 利用権設定は、貸し手と借り手とで決めた期間がくれば、賃貸借関係は終了し、必ず返してもらえるという制度です。また、継続して更新することもできます。

貸し手のメリット

  1. 農地を貸しても農地法の許可はいりません。
  2. 貸した農地は期限がくれば、離作料を支払うことなく必ず返ってきます。
    利用権の再設定により継続して貸すこともできます。

借り手のメリット

  1. 経営規模の拡大が図れます。
  2. 農地を借りても農地法の許可はいりません。
  3. 賃借期間中は安心して耕作ができます。
    利用権の再設定により継続して借りることができます。

対象となる農地

 市街化調整区域内及び都市計画区域外の農地に限られます。

貸し手の要件

  1. 農業者年金の受給者でないこと。
  2. 申し出の農地は、賃借権等が設定されていないこと。また、贈与税の納税猶予の特例を
    受けていないこと。

借り手の要件

  1. 60才未満の農業専従者、又は世帯に60才未満の農業専従者がいること。
  2. 世帯の農業経営面積は、50アール以上あること。

申出手続き

  • 利用権設定の申出書を市役所北棟4階農業委員会事務局に提出してください。
  • 申し出の時期は、1月と10月の年2回です。
  • インターネット、電子メール及び郵送などの送付による申請・届出はできません。
  • 受付窓口は、市役所北棟4階農業委員会事務局
    (※月ヶ瀬行政センター及び都祁行政センターは相談)

利用権設定の申出書(A3版)[PDFファイル/13KB]
※記載要領 申出書の注を参照してください。

関連情報

ご利用に際しての注意事項

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)