ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

令和4年度奈良の食コラム

更新日:2022年4月19日更新 印刷ページ表示

奈良の食コラムとは

奈良の食の魅力を発信することを目的に毎月更新しています。奈良の食コラムは、しみんだよりでも掲載しています。コラム記事は、農政課・奈良市食育ネット参加団体・市の関係部署が担当します。

森のうまみをつめ込んだ 「原木しいたけ」

秋の味覚として有名な原木しいたけは、春(3~5月)と秋(9~11月)に旬を迎えます。クヌギやナラ等の原木に、しいたけ菌を植え付けて培養し、作られます(原木栽培)。冬の厳しい寒さを乗り越えた春の原木しいたけは、うまみをたっぷり蓄えて、プリッとした身の厚みがその特徴です。原木栽培は手間ひまがかかるため、流通量は比較的少量です。直売所で見かけた際は、ぜひそのおいしさを楽しんでみてください。

農家さんの声

・おいしい原木しいたけを見分けるポイントは「かさ」の部分。裏が白く、全体的に丸みがあるものが目印です

・原木しいたけならではの風味や香りを味わうシンプルなバター焼き、

 コリコリした食感を楽しむつくだ煮がおすすめの食べ方です。
原木しいたけ

問合せ…農政課(電話番号:34ー5142)

奈良しゅわボールを奈良のブランドへ!

市食育ネット参加団体の泉屋は、奈良の農産物にこだわった商品開発を積極的に行っています。例えば、奈良のブランド苺「古都華」を使用したワインやサイダーの開発。また、奈良のお米にこだわる県内5つの酒蔵で「古都のお酒で乾杯しよう実行委員会」を立ち上げ、「奈良の夏冷酒/奈良のふゆ酒(日本酒)」の開発を行いました。
現在、新たな取り組みとして、市観光協会・市飲食店組合・同実行委員会とともに、奈良の地酒を炭酸飲料で割った日本酒ハイボール「奈良しゅわボール」の普及活動を行っています。すでに市内を中心に120を超える飲食店で提供されています。また、1月には奈良しゅわボールフェアを開催し、古都華を使った期間限定の新メニューを発表する等、日本酒の新たな需要創造を通じて、奈良の価値を地域内外に提案しています。
地元の素材にこだわった、奈良の「おいしい」を再発見してみませんか。

奈良シュワボールフェア奈良シュワボールフェア

問合せ…
奈良しゅわボールに関すること:市観光協会(電話番号:30ー0230)
その他、本コラムに関すること:農政課  (電話番号:34ー5142)

これまでの食コラム

令和3年度食コラム

令和2年度食コラム

令和元年度食コラム

平成30年度食コラム

平成29年度食コラム