ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 届出・証明 > マイナンバー > マイナンバー > マイナンバー制度・「通知カード」と「個人番号カード」について

本文

マイナンバー制度・「通知カード」と「個人番号カード」について

更新日:2018年3月8日更新 印刷ページ表示

「通知カード」を受け取ったら

 書留郵便の中身を確認してください。(説明書が同封されていますのでお読みください)

  • 世帯全員分の「通知カード」が入っていますか?
  • 住所氏名等の記載は正しいですか?(住所・氏名・生年月日・性別と個人番号)
  • 「通知カード」部分を切り取って保管してください。

「マイナンバー(個人番号)カード」を希望しますか?

「マイナンバーカード」を希望しない場合

  • 「マイナンバーカード」の申請は任意ですので、不要の方は「通知カード」を今後各種手続き等にご利用いただくことになります。有効期限はありませんので、大切に保管して下さい。
  • 住所等の記載に変更がある時は書き換える必要がありますので、住民異動届出の際に必ずお持ちください。
  • 紛失等で再交付となる場合は、再交付手数料500円が必要となります。

  通知カード

通知カード表
<表>

通知カード裏
<裏>

「マイナンバーカード」を希望する場合(申請手続きをしてください。)

 マイナンバーカードは、顔写真付きのICカードで個人番号の証明と本人確認が1枚で出来る公的身分証明書です。また、標準搭載されている電子証明書を用いてe-Taxなどの電子申請や自己情報などの開示確認が出来るマイナポータルを利用することができます。

  マイナンバーカード

個人番号カード表
<表>

個人番号カード裏
<裏>

 申請方法は、主に3通りあります。(カード交付は平成28年1月以降となりますが、A・Bの場合、事前に交付通知書ハガキでご案内します。)

  1. 郵送で申請(交付時に窓口来庁、本人確認・暗証番号設定が必要です。)
    通知に同封の「個人番号カード交付申請書」にご本人の顔写真を貼り、返信用封筒で郵送。
  2. オンラインで申請(交付時に窓口来庁、本人確認・暗証番号設定が必要です。)
    スマートフォン等に申請書データを取り込み、顔写真データを添付して送信。
  3. 市の窓口で申請書を提出(先に来庁、カードは郵送でお届けします。)
    追加した申請方式で、「申請時来庁方式」と呼びます。必ずご本人が来庁ください。
  1. 顔写真を貼った申請書と「通知カード」(住基カードお持ちの方は同カードも必要)、免許証・旅券等の本人確認書類を持って、窓口にお越しください
  2. 本人確認をさせていただき申請書を受け付けます。この際に「暗証番号設定依頼書」を記入いただきお預かりします。
  3. 後日、出来上がったカードは先に預かった暗証番号を設定したうえで、ご自宅に「本人受取限定書留郵便」でお届けします。

*申請の詳細、暗証番号設定などについては、同封の説明書をご覧ください。
*有効期限は、成人で発行から10回目の誕生日まで、未成年は同じく5回目までです。また、公的個人認証の有効期限は同じく5回目の誕生日までです。
*当初の交付は無料です。紛失等で再交付となる場合は、再交付手数料800円と電子証明書の再交付手数料200円が必要となります。

  ※お問合せ先(返戻確認、交付申請手続きなど)

 市民課 マイナンバー担当
0742-34-5326(平日・午前8時30分~午後5時15分)

個人番号カードコールセンター(自治体共同設置のナビダイヤル)
0570-783-578(平日・午前8時30分~午後8時00分、土日祝・午前9時30分~午後5時30分、年末年始12月29日~1月3日を除く)

マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)
0120-95-0178(平日・午前9時30分~午後10時00分、土日祝・午前9時30分~午後5時30分、年末年始12月29日~1月3日を除く)

外国語対応について
英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のコールセンターも開設しています。
 0570-064-738 (全国共通ナビダイヤル)
また、ホームページにつきましては、総務省|外国人住民に係る住民基本台帳制度<外部リンク>をご覧ください。