ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(4種混合)

2020年4月1日更新 印刷ページ表示

4種混合について

平成24年11月1日より三種混合(DPT)に不活化ポリオワクチン(inactivated polio vaccine)を加えた4種混合(DPT-IPV)が開始されています。

※4回を超える不活化ポリオワクチン(IPV)接種後の有効性及び安全性が確認されたことから、経口生ワクチンを2回接種済みの方や、不活化ポリオを必要回数(4回)接種済みの方で、三種混合ワクチン(DPT)の接種が完了していない方は、4種混合ワクチン(DPT-IPV)を使用してください。(ただし、決められた接種間隔をお守りください。)

 
ジフテリア 感染は主にのどですが、鼻腔内にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様せき、嘔吐などで心筋障害や神経麻痺を起こすことがあります。保菌者の咳などによって飛沫感染します。
破傷風 破傷風菌は、土の中にいる菌で、傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると筋肉の強直性けいれんを起こします。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。
百日せき 普通のかぜのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔を真っ赤にして連続的にせき込むようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ません。肺炎や脳症などの重い合併症を起こしやすく、新生児や乳児では命を落とすこともあります。

急性灰白髄炎

(ポリオ)

ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染が広まり、麻痺を起こすことがあります。また、感染した人の中で、約1000~2000人に1人の割合で手足の麻痺を起こします。一部の人には、その麻痺が永久に残ります。麻痺症状が進行し、呼吸困難により死亡することもあります。

対象者

接種当日、奈良市に住民登録がある者

 
対象者 標準的な接種年齢 接種回数 接種間隔
生後3か月から7歳6か月に至るまで
(7歳6か月の誕生日の前日まで)
生後3か月から12か月 第1期 初回3回

初回接種を20日以上の間隔を

おいて、2回目・3回目を接種

初回3回目終了後から
12か月から18か月
追加1回 初回3回目終了後6月以上あける

接種費用

無料
対象年齢を過ぎると任意接種(全額自己負担)となります。

接種方法

個別接種(市内登録医療機関に予約の上、接種を受けてください)

  • 市内登録医療機関は 子どもの予防接種についてのページをご覧ください。
  • 「予防接種と子どもの健康」をよく読んで、予防接種の意義を理解したうえで、接種を受けてください。

接種実施期間

通年(4月1日から4月9日を除く)

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証等本人確認ができる書類
  3. 予防接種予診票綴り