ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て@なら > 新型コロナウイルス感染症対策に係る保育料の取扱いについて

本文

新型コロナウイルス感染症対策に係る保育料の取扱いについて

2020年6月16日更新 印刷ページ表示
 奈良市では、新型コロナウイルス感染症対策として、令和2年3月2日から令和2年6月30日までの間、家庭保育等により可能な限り登園を自粛いただくよう要請しております。
 このことに伴う保育料の取扱いについて、以下のとおりお知らせいたします。

<保育料の取扱い>
●登園自粛を要請している期間中の保育料は、登園日数に応じて日割り計算します。

<対象期間>
●令和2年3月2日~令和2年6月30日(奈良市内の施設を利用している場合)
※対象期間終了後(令和2年7月以降)は、通常どおり月額保育料を満額納めていただきます。
※奈良市外の施設を利用している場合は、利用施設が所在する市町村が登園自粛の要請を行っていた期間が対象となります。対象となる期間については、奈良市が他市町村に確認します。

<対象施設>
●公私立保育所、公私立認定こども園(保育利用)、地域型保育事業(小規模保育事業等)
※利用施設の所在地は奈良市内に限りません。ただし、日割り計算の対象となるのは、利用施設が所在する市町村が登園自粛の要請を行っている場合に限ります。施設が所在する市町村が登園自粛の要請を行っているかは、奈良市が確認します。
※認可外保育施設等は対象となりません。

<対象児童>
●奈良市に在住し、対象期間中に、対象施設の0~2歳児クラスに在籍した児童
※奈良市外にお住いの方で、奈良市内の施設を利用している場合は、お住まいの市町村に保育料の取扱いをご確認ください。

<日割り計算の方法>
●月額保育料÷25日×登園日数
(注)
今回の保育料の日割り計算では、実際の施設の開所日数によらず、国の保育料の考え方に基づき、月の開所日数を25日として計算します。
(例)月額保育料が20,000円で、5月に10日間登園した場合
⇒20,000円÷25日×10日=8,000円(=日割り計算適用後の保育料)
※実際の5月の開所日数は、土曜日を含めても23日ですが、25日を開所日数として計算します。

<日割り計算対応の流れ>
●保育料の日割り計算は、奈良市が各施設に登園日数を確認して行います(保護者の皆様に行っていただく手続きはありません)。
●保育料の日割り計算の結果については、令和2年3月から6月分までの日割り計算後に「利用者負担額変更通知書」にてお知らせします。
※通知の時期については調整中です。
●日割り計算により過納付となった保育料の返還方法は、ご利用施設により異なります。
(奈良市立保育所・認定こども園、私立保育所を利用している場合)
→奈良市より返還します。返還方法については決定次第、お知らせいたします。
(私立認定こども園、地域型保育事業を利用している場合)
→施設からの返還となります。返還方法については、施設からの案内をお待ちください。
(他市町村の公立施設を利用している場合)
→施設または他市町村からの返還となります。施設または他市町村からの案内をお待ちください。

<その他>
●保育料は毎月分を当月末にお支払いいただくため、いったん月額保育料を満額お支払ください。
●新型コロナウイルスの影響による経済的理由で、当月分の保育料が納付できない場合は、ご相談ください。