ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 観光情報 > 観光情報 > 観光 > 令和2年度珠光茶会について

本文

令和2年度珠光茶会について

更新日:2020年12月1日更新 印刷ページ表示

~お茶文化発信のための新たな取り組みについて~

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、令和2年度珠光茶会は全てのお茶席の開催を中止することとなりました。そこで、今年度の珠光茶会は感染リスクの無い形でお茶文化を発信するため、過去の珠光茶会(社寺会場)で配布した小冊子を再編集した『小冊子(総集編)』と若年層(小学生及び中学生)向けの『茶道マンガ教材』を作成し、配布します。
各冊子の配布申込みについてはページ下部に詳細を掲載しています。
前回の珠光茶会の様子はページ下部に掲載しています。

1.小冊子(総集編)の作成

 過去の珠光茶会(八社寺会場)で配布した小冊子を再編集し、配布します。

過去の小冊子
【過去の小冊子】

(1)内容

    会場となる八社寺や茶道七流派の紹介、掛物や花等の茶道に関連するもの、奈良のお茶の歴史等を
    まとめたもので、茶道初心者から経験者まで、どなたでも楽しめる内容となっています。

(2)小冊子の見どころ

    珠光茶会実行委員会会長の唐招提寺 西山明彦長老の挨拶等、珠光茶会関係者からのメッセージを
          掲載する予定です。

(3)珠光茶会実行委員※の揮毫が抽選で当たるキャンペーン

    小冊子についている「応募券」をはがきに貼り、必要事項(氏名、住所、電話番号)を記載の上、
    観光戦略課にお送りいただくと、応募者の中から抽選で9名の方に珠光茶会実行委員の揮毫をプレ
    ゼント。

※珠光茶会実行委員(協力社寺のみ)

社寺名

肩書

名前

春日大社

宮司

花山院 弘匡

東大寺

長老

北河原 公敬

元興寺

住職

辻村 泰善

大安寺

貫主

河野 良文

西大寺

長老

松村 隆誉

唐招提寺

長老

西山 明彦

薬師寺

管主

加藤 朝胤

法華寺門跡

門主

樋口 教香

臨濟宗相國寺派

管長

有馬 頼底

2.茶道マンガ教材の作成

 奈良のお茶文化や茶道に興味を持ってもらうため、若年層(小学生及び中学生)向けのマンガ形式の茶道教材を配布します。

(1)内容

    はじめて茶道に触れる人たちにも分かりやすいようにマンガという形で珠光の歴史や茶の湯、
    現代の珠光茶会のこと等をまとめています。

(2)若年層への配布について

    市立小中学校の児童及び生徒に貸与しているChromebookや、家庭用端末から茶道マンガ教材
          を閲覧できる環境を整えます。

3.各冊子の一般配布について

 申込みいただいた方へ市観光戦略課から郵送にて配布します。

(1)申込み方法

   令和2年12月1日~令和3年1月31日の間に市ホームページもしくは、市観光戦略課へ
   電話(0742-34-4739)またはFAX(0742-35-6822)で申込み

   ※電話は平日午前9時~午後5時(年末年始除く)

   ※FAXは必要事項(氏名、住所、電話番号、配布希望冊子(小冊子(総集編)・茶道マンガ教材))
            を明記の上、送信ください。

   ※1人(1家族)各冊子1冊まで申込可。

   各冊子のホームページからのお申込みはこちらから(申込フォーム)       
(2)配布時期

   冊子納品しだい発送(3月上旬予定)

   ※配布部数500部(1人各冊子1冊まで)

4.過去の珠光茶会の様子

第七回珠光茶会の様子

写真①

写真②

写真③

写真④

写真⑤

写真⑥

写真⑦

写真⑧

写真⑨

写真⑩