ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 【新型コロナ】予約制の発熱外来を開設します

本文

【新型コロナ】予約制の発熱外来を開設します

更新日:2020年9月9日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一般社団法人 奈良市医師会(会長 国分 清和)の運営により9月28日より「発熱外来」を開設します。

また、現在ドライブスルー方式で実施している「奈良市地域外来・検査センター」での検体採取についても拡充を図るため、準備を進めています。

発熱外来とは

発熱のある方の診察及び新型コロナウイルスの感染リスクの高い方に対する検査体制の確保を目的として、帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関を県が「発熱外来認定医療機関」として認定します。

認定の主な条件

  1. 適切な感染防止対策を講じること。
  2. 発熱のある方の診察及び新型コロナウイルスの感染リスクの高い方への検査実施。
  3. 検査件数及び結果の報告。

奈良市 発熱外来施設の概要

  • 院内感染による医療崩壊を防ぐため、感染が疑われる患者の診察や検査を目的に、医療機関の建物と離れたところに建設するプレハブ型感染症外来ユニットを採用。
  • 5.6メートル×2.4メートルのモジュールを4つ連結するプレハブ平屋建て。
    (建築面積 :68.93平方メートル、軒高 :3.2メートル程度)
  • 患者との会話は、受付も診察も基本的にインターホンを経由して行う。
  • 医師はアクリルガラスを通して患者の状態を確認し診察するなど、接触を出来る限り無くし、医療従事者の感染リスクを低減する。

「発熱外来」での診療【完全予約制】

「発熱外来」では、発熱患者に対する診察と、新型コロナウイルス感染のリスクがある方への検査が実施されます。受診には予約が必要です。

診療までの流れ

  1. 息苦しさや強いだるさがあるなど、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合は、「帰国者・接触者相談センター」(0742-27-1132)またはかかりつけ医へ電話相談してください。
  2. 保健所が必要な人に対して受診を調整し、予約となります。

診療時間

 

平日(予約のみ)
13時00分~17時00分

土曜日
15時00分~19時00分

日曜日・休日
10時00分~19時00分
(だだし、12時00分~13時00分は休憩時間)

※当面は保健所を通じた完全予約制となります。

ドライブスルー(奈良市地域外来・検査センター)検査体制の拡充

採取方法を「鼻咽頭ぬぐい液」から「唾液」に変更することにより、1日あたり40検体の検査が可能になります。

  • 採取方法  鼻咽頭ぬぐい液  ⇒  唾 液 
  • 火・木曜日 各20検体(最大24検体/日)  ⇒  各40検体/日

報道資料

発熱外来の設置・ドライブスルー等検体採取を拡充します [PDFファイル/2.01MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


イベントの中止や休館情報