ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による離職者等を対象とした市営住宅の一時使用について

本文

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による離職者等を対象とした市営住宅の一時使用について

更新日:2020年5月25日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による離職者等を対象とした市営住宅の一時使用について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による解雇等により、現在のお住まいから退去を余儀なくされる方に対し、新たな住宅確保までの一時的な住まいとして、市営住宅の空き住戸を提供します(8戸程度)。詳しくは、住宅課までお問い合わせください。

1.対象者

以下の⑴~⑶の要件を満たす者。
⑴新型コロナウイルス感染症拡大が原因で離職や収入が大幅に減少したことにより、奈良市営住宅条例の規定による収入月額が158,000円以下(障害者等に該当する等例外的に214,000円以下の場合あり)となった者。
⑵現に奈良市内に住所又は勤務場所を有する者。
⑶現在お住まいの住宅から退去する必要があるなど、住宅に困窮している者。

2.使用料等

⑴使用料 世帯全員の収入により算出する収入月額に応じて使用料をご負担いただきます。(使用料の月額家賃は申込まれる住戸で変わります。)
⑵その他 駐車場使用料(駐車場を使用する場合)、共益費を別途ご負担いただきます。
⑶連帯保証人・敷金 免除します。

3.入居期間

原則1年以内

イベントの中止や休館情報