ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合の相談窓口

本文

新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合の相談窓口

更新日:2020年5月11日更新 印刷ページ表示
  • 咳、発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み、外出を控えて静養してください。
  • 発熱等の風邪症状がある方は、まずはかかりつけ医やお近くの医療機関に電話相談をしてください。受診にあたっては、医療機関の指示に従い、マスクを着用するなどして、受診してください。

帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)

以下の(1)から(4)に該当される方は、帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)へご相談下さい。

(1)海外の流行地に渡航した等、流行地につながりがある

(2)職場や旅行先等で感染者との接触があった等、感染の不安がある

(3)息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある

(4)高齢者・基礎疾患がある人で、発熱やせきなど軽い風邪症状がある

(5)軽い風邪症状が続く(4日以上の場合は必ず)

帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)24時間対応

電話番号:0742-27-1132
ファックス番号:0742-27-8565

厚生労働省作成の「相談・受診の目安」

一般健康相談窓口 (専用ダイアル)

市民の皆さまからの健康相談にお応えします

平日 8時30分~17時15分

電話番号:0742-95-5888
ファックス番号:0742-34-2486

土曜、日曜、祝日 10時00分~16時00分

電話番号:0742-95-5888
ファックス番号:0742-34-2321

発熱などの症状があり、受診についての相談は帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)へご相談下さい。

その他相談窓口

厚生労働省 電話相談窓口

電話番号:0120-565653
受付時間:9時00分~21時00分(土曜・日曜・祝日も対応)

新型コロナウイルス相談窓口フロー図

 

 


イベントの中止や休館情報