ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 【特定建築物向けお知らせ】新型コロナウイルス感染症に係る感染防止対策について

本文

【特定建築物向けお知らせ】新型コロナウイルス感染症に係る感染防止対策について

更新日:2020年6月2日更新 印刷ページ表示

追加情報

令和2年6月2日、厚生労働省より、ビルメンテナンス業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインが策定されたとの情報提供がありましたのでお知らせします。特定建築物所有者及び管理者の皆様におかれましては、以下の内容をご確認いただき、適切なご対応をお願いします。
【詳細】

ビルメンテナンス業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン<外部リンク>
最新の情報につきましては、公益社団法人全国ビルメンテナンス協会のトップページ<外部リンク>をご確認ください。

令和2年5月13日、厚生労働省より、施設の使用再開に伴うレジオネラ症への感染防止対策について情報提供がありました。

令和2年4月8日、厚生労働省より、定期測定等の考え方についてQ&Aが公表されました。
新型コロナウイルス感染症関係Q&A(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

令和2年4月6日、厚生労働省より、換気方法に係るリーフレットが改訂されました。

「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法 [PDFファイル/952KB]

令和2年4月2日、厚生労働省より、特定建築物における空気調和設備等の再点検について情報提供がありました。

【詳細】

令和2年4月2日:厚生労働省事務連絡 [PDFファイル/228KB]

令和2年3月31日、厚生労働省より換気方法に係るリーフレットが公表されました。

施設の使用再開に伴うレジオネラ症への感染防止対策について

令和2年5月13日、厚生労働省より、施設の使用再開に伴うレジオネラ症への感染防止対策について通知がありましたので、お知らせします。
特定建築物におけるレジオネラ症対策としては、加湿装置、冷却水、給湯設備等の管理が重要であるため、新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ長期間使用を休止していた特定建築物の使用を再開する際には、以下の基準等により適切な点検を実施し、必要な措置を講じていただくようお願いします。

【詳細】令和2年5月13日:厚生労働省事務連絡 [PDFファイル/56KB]

また以下のホームページも参考にご確認ください。
Hospital Water Hygiene研究会ホームページ<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に係る感染防止対策について

 令和2年3月19日、厚生労働省より、「新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)の発生リスクを下げるための3つの原則」について情報提供がありましたのでお知らせします。

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が令和2年3月9日に発表した「新型コロナウイルス感染症対策の見解」の別添「新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団)発生のリスクが高い日常生活における場面についての考え方」においては、これまで集団感染が確認された場に共通するのは、

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 人が密集していた
  3. 近距離での会話や発声が行われた

という3つの条件が同時に重なった場ということが示されました。

クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則として、

  1. 換気を励行する
  2. 人の密度を下げる
  3. 近距離での会話や発声、高唱を避ける

ということが示されたところです。本内容については、以下をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


イベントの中止や休館情報