ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 納税 > 新型コロナ情報 > 新型コロナウイルス感染症の影響による市税における猶予制度について

本文

新型コロナウイルス感染症の影響による市税における猶予制度について

更新日:2020年7月1日更新 印刷ページ表示

市税における猶予制度

徴収猶予の「特例制度」

徴収猶予の「特例制度」の申請期限にご注意ください。徴収猶予の「特例制度」は、納期限までに申請が必要です。例えば、固定資産税・都市計画税第2期分は納期限の7月31日、個人住民税(普通徴収)第2期分は納期限の8月31日までにご申請ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、最大で1年間、市税の徴収猶予を受けることができる特例が設けられました。
(担保の提供は不要、延滞金もかかりません。)

対象となる方、対象となる市税や申請手続等、詳しくは以下をご覧ください。

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方への徴収猶予の「特例制度」<無担保・延滞金なし> [PDFファイル/473KB]

その他の猶予制度

「特例制度」の該当とならない方でも、新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難となる事情があれば、地方税法に基づき納税が猶予される場合があります。

  • 最大1年間の猶予(状況に応じて更に1年間猶予される場合あり)
  • 猶予期間中の延滞金の全部又は一部の免除
  • 財産の差押えや換価(売却)の猶予
  • 個人市民税、法人市民税、固定資産税など全ての市税が対象

詳しくは、以下をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する市税における猶予制度 [PDFファイル/246KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


イベントの中止や休館情報