ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 9月26日~全数届出見直し後の奈良市の対応について(新型コロナ)

本文

9月26日~全数届出見直し後の奈良市の対応について(新型コロナ)

更新日:2022年9月22日更新 印刷ページ表示

9月26日から、医療機関から保健所へ提出する発生届の範囲が限定されます

奈良市では令和4年9月26日から、国の緊急避難措置(新型コロナウイルス感染症の全数報告見直し)の適用を受け、医療機関から保健所へ提出する発生届の範囲を限定することとしています。

運用フロー

主な変更点

発生届の対象となる陽性者については大きな変更なし

  • 65歳以上
  • 入院を要する
  • 重症化リスクがある
  • 妊婦

など、発生届の対象となる条件を満たす陽性者については、これまでと大きな変更はなく、医療機関からの発生届をもとに保健所が電話連絡をし、健康状態等の聞き取りを行います。

発生届の対象とならない陽性者には医療機関からの報告をもとにSMSを送信

発生届の対象とならない陽性者については、奈良県の独自の措置に準じて医療機関から氏名や連絡先等のリストが提出されますので、その情報をもとにSMS(ショートメッセージ)を送信し、体調悪化時の相談先等を案内します。

陽性者からの健康状態のフォームからの報告を廃止

これまで、陽性者にはSMSを送信後健康状態等入力フォームでの入力をお願いしていましたが、これを廃止します。

自己検査等で陽性になった場合の登録を開始

検査キット等による自己検査や、県等行政が実施している無料検査によって陽性が判明した場合には、奈良市陽性者登録センターへの登録(自己申告)をお願いします。Web申請が可能です。

登録していただくことで療養支援を受けることができます。

発生届の対象でない陽性者への療養証明書の発行を廃止

発生届の対象でない陽性者への療養証明書は、発行できなくなりますので、ご了承ください。

詳しい内容は9月26日以降に以下のページで更新します

新型コロナ「陽性」と診断された方へ 

※ページの内容は9月26日に更新されます。9月25日までは従来どおりの運用となります。

 


イベントの中止や休館情報
新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金