ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

本文

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

更新日:2021年7月14日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

制度の概要

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、社会福祉協議会が実施する総合支援資金の貸付について、再貸付を終了した世帯や、再貸付が不承認とされた世帯に対して、就労等による自立を支援することを目的に「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。​


※ 「公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施のための預貯金口座の登録等に関する法律」に基づき、奈良県社会福祉協議会から情報の提供を受け、総合支援資金の再貸付を借り終えた方及び令和3年8月末までに借り終える方に対して、7月14日に申請書類等を送付いたしました。(収入、資産、その他の支給要件をご確認のうえ、対象となると思われる場合は申請してください)

なお、支給対象になると心当たりのある方で、申請書類等が届かない方(他市町村から転入された方など)は、コールセンター(0120-666-267)にお問い合わせください。

申請期間

令和3年7月14日(水曜日)から8月31日(火曜日)まで

  • 郵送申請:8月31日の当日消印有効
  • 窓口申請:8月31日17時15分受付終了

支給対象者

以下の要件のすべてに該当する方

1.次のア~エのいずれかに該当すること
 ア 総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯
 イ 総合支援資金の再貸付を8月までに借り終わる世帯
 ウ 社会福祉協議会に対して、総合支援資金再貸付の申請をしたが、不承認となった世帯
 エ 自立相談支援機関に総合支援資金の再貸付の相談を行うものの、申し込みに至らなかった世帯

2. 申請日の属する月において、その属する世帯の生計を主として維持していること

3. 申請日の属する月における申請者及び当該申請者と同一世帯に属する方の収入の額を合算した額が、下表の額以下であること

例として6人世帯までを記載

世帯人数

収入基準額

1人

119,000円

2人

169,000円

3人

206,000円

4人

243,000円

5人

281,000円

6人

322,000円

※未成年かつ就学中の方の収入は含みません。


4.申請日における申請者及び当該申請者と同一の世帯に属する方の所有する金融資産(預貯金と現金)の合計額が、下表の額以下であること

世帯人数

金融資産の額

1人

486,000円

2人

738,000円

3人

942,000円

4人以上

1,000,000円

 
5.次のア~イのいずれかに該当する方であること

 ア 公共職業安定所に求職の申込みをし、期間の定めがないまたは6月以上の労働契約による就職を目指し、以下に掲げる求職活動をすべて行う方

  • 月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける
  • 月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける
  • 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける

 イ 生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にあること

申請方法について

「郵送申請」または「窓口申請」となります。

支給月額

 
単身世帯 6万円/月
2人世帯 8万円/月
3人以上世帯 10万円/月

※ 住居確保給付金、ひとり親世帯臨時特別給付金、低所得子育て世帯生活支援特別給付金との併給可

支給期間

申請月から3か月

お問い合わせ

奈良市自立支援金事務センター(コールセンター)

電話番号:0120-666-267

受付時間:平日午前9時から午後5時

 

〒630-8580

奈良市二条大路南一丁目1番1号

奈良市役所中央棟2階201会議室

 

※ お掛け間違いにご注意ください。

※ 窓口でのご案内は、新型コロナウイルス感染症蔓延防止の観点から密を避けるため、当面の間、予約制とさせていただきます。あらかじめコールセンターでご予約をお取りのうえご来庁ください。書類提出のみの場合は予約は不要です。


イベントの中止や休館情報