ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 災害時等における新型コロナウイルスワクチン集団接種中止の判断基準について

本文

災害時等における新型コロナウイルスワクチン集団接種中止の判断基準について

更新日:2021年9月16日更新 印刷ページ表示

災害時等は、下記の判断基準により、ワクチン集団接種を中止する場合があります。
ワクチン集団接種の中止に関する情報は、奈良市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(TEL 0120-34-0112)またはホームページでお知らせいたします。

 

1.台風(接近)時の対応

【翌日午前の部の対応】

 (1)前日15時の時点で、接種当日に奈良市が暴風警戒域に入っていると想定される場合

 (2)前日15時の時点で、接種当日に気象台が警報を発表する可能性が「高」と判断された場合

 (3)前日15時の時点で、奈良市における(翌朝の)公共交通機関の計画運休が決定された場合

【当日午後の部の対応】

 (1)当日9時の時点で、接種時間に奈良市が暴風警戒域に入っていると想定される場合

 (2)当日9時の時点で、接種時間に気象台が警報を発表する可能性が「高」と判断された場合

 (3)当日9時の時点で、接種時間において奈良市における公共交通機関の計画運休が決定された場合

【当日夜間の部の対応】

 (1)当日11時の時点で、接種当日に奈良市が暴風警戒域に入っていると想定される場合

 (2)当日11時の時点で、接種当日に気象台が警報を発表する可能性が「高」と判断された場合

 (3)当日11時の時点で、奈良市にかかる公共交通機関の計画運休が決定された場合

 

2.台風接近以外の風水害

 市内に避難指示以上を発表する可能性が出た時点で中止

 

3.地震

 市内で震度5以上の地震が発生した場合


ワクチンについて
推進連絡会議