ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請について

本文

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請について

更新日:2021年7月26日更新 印刷ページ表示

ワクチン接種証明書申請受付中

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を受けた方のうち、海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられる方を対象に新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を交付します。

※ 国内では、接種クーポン券に添付されている接種済証、または接種記録書で接種の事実を証明することができます。

対象者

接種証明書は、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に交付されます。

  1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方。
  2. 我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とする方。

申請・交付方法

原則、郵送での申請を頂き、書面で交付いたします。

※ 申請書類に不備がありますと、申請を受け付けることができませんので、予めご了承ください。
※ 証明書の交付には申請を受けてから1週間程度かかります。

申請書類

必要書類

以下の書類を同封し、送付先まで郵送してください。

  1. 申請書(本ページ下部のダウンロードリンクよりダウンロードできます。)
  2. 海外渡航時に有効なパスポートの写し(旅券番号・ローマ字氏名が確認できるように複写されたもの)
  3. 接種券の写し(接種券番号・接種履歴がわかるように複写されたもの)又は接種記録書の写し(※1)
  4. 本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証など)(※2)
  5. 返信用封筒(宛名の記載と切手の貼付をしたもの)(※3)

※1 医療従事者等で接種券発行前に接種された方は、接種記録書を提出してください。
※2 返送先の住所が記載されたものに限ります。
※3 送付先の住所と本人氏名を明記し、切手を貼付してください。郵送事故等の責任は負いかねますので、心配な方は簡易書留や特定記録郵便分の切手の貼付をお願いします。

場合により必要な書類

必要に応じて以下の書類を同封してください。

 (ア)旧姓・別姓・別名の併記がある旅券をお持ちの場合
    ➢旧姓・別姓・別名を確認できる本人確認書類の写し

 (イ)送付先が住民票所在地と異なる場合
    ➢被接種者の所在(送付先)が確認できる資料の写し(施設入所の契約書、入院証明書等)

 (ウ)送付先が奈良市以外の住民票所在地の場合
    ➢住所記載の本人確認書類の写し

 (エ)代理人による請求の場合
    ➢本人自署による委任状

奈良市発行の接種券の見本

接種券の写しについては、券番号と接種済証がわかるように複写してください。

接種券見本

送付先

〒630-8122
奈良市三条本町13番1号 はぐくみセンター
新型コロナウイルスワクチン接種推進課

お問い合わせ(奈良市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター)

電話番号:0120-340-112
受付時間:9時00分~19時00分(日曜日、祝日を除く)

※かけ間違いのないよう、ご注意をお願いします。一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しています。

申請書等のダウンロード

よくある質問

(国のQ&Aより引用)

Q.証明書に有効期限はありますか。

A.ワクチン接種証明書については、あくまで接種を受けた本人の接種の事実を証明するものであることから、それ自体に有効期限を設けるものではありません。記載事項をどのように評価し活用するかは、一義的には証明書の提示を受ける側(相手国等)が判断することです。

Q.発行する証明書は、どの国でどのような緩和措置が認められますか。

A.現在、我が国が発行する接種証明書を受入れ、防疫措置等を緩和してもらうべく、各国の接種証明書及び制限緩和措置に関する情報収集等を行っているところです。我が国が発行する証明書を所持することによる具体的な緩和措置は、最終的には各国の判断によることとなりますが、一般論でいえば、入国時の隔離期間の短縮又は免除や出発前PCR検査陰性証明の提出および到着時のPCR検査の免除といった措置が考えられます。具体的に利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、適時情報提供することとなります。(具体的に利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省のWebページにおいて適時情報提供予定です。)

Q.申請部数に制限はありますか。

A.申請の毎に1部発行。申請回数の制限は設けません。

参考

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)