ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 令和2年度秋季特別展「ナニこれ!?—平城京出土の用途不明品―」

本文

令和2年度秋季特別展「ナニこれ!?—平城京出土の用途不明品―」

更新日:2020年8月6日更新 印刷ページ表示

チラシ表

  本年度で奈良市教育委員会が平城京の発掘調査を開始して41年目となります。調査次数は740次を超え、多くの考古資料を保管しています。これらの資料のうち、主なものは報告書や展示で紹介してきました。それら考古資料それぞれの性格は、発掘調査担当者や研究者により検討・研究され、使い方が明らかにされてきたところです。
 しかし中には、類例も少なく、その形状・材質をみただけでは、使い方がわからない、用途不明品とよばれる一群の資料があります。
 これまで平城京出土用途不明品についてはその性格上、まとまった形で公開されたことがありません。そこで今回の秋季特別展示では、発掘調査担当者や研究者が頭をひねる、ある意味、謎を秘めた奈良市所蔵の平城京出土用途不明品等を集め、4つのテーマに分け、展示して、様々な視点で活用されるきっかけとなるのを目的として開催します。

展示概要

1 ナニこれ!コレなに?

 平城京内の調査で出土した遺物の中には、類例も少なく、その形状・材質をみただけでは、使い方がよくわからない遺物があります。ここではそのような、ある意味、謎を秘めた興味深い遺物を紹介します。

主な展示品:山形施釉陶器、獣脚付円盤状土製品、台付円盤状土製品、台付円板状土製品、台座形土製品、花紋円盤形土製品、摺鉢(すりばち)状土製品、半球状土製品、須恵質円筒、山形施釉陶器、火炎形瓦製品、瓦製円筒、鉄製二叉鉾、鏟(さん)形鉄製品、線刻石、琴柱(ことじ)形木製品、ココヤシの実

山形土製品写真          蓮華紋押型土製品

山形土製品(平城京左京一条三坊九坪出土)     蓮華紋押型土製品(平城京右京二条三坊七坪出土)

 

2 ナニこれ!どのように使ったの?

 平城京の主な出土品には、瓦・須恵器・土師器があります。瓦は屋根へ葺くものであり、土師器には椀・皿等の供膳具、竈・甑等の煮炊き用の煮炊具、壺などの貯蔵具があり、須恵器は供膳具、貯蔵用具と、材質を勘案し、それぞれ用途に合わせて、適当な大きさのものを使い分けていることがわかっています。しかし中には、サイズが著しく異なるものや、材質が違うものもあります。また必要なはずの部分が元々無いものや、逆になにかが付属するものもあります。ここではそのような、何であるかはわかるものの、どのように使ったか、よくわからない遺物を紹介します。

主な展示品:仕切りがある須恵器壺、突起がある須恵器皿、土師器製作手法による須恵質の竈・椀、ポケット状の把手がある須恵器甕、孔がある須恵器壺・蓋、「分銅」形土製品、ミニチュア丸瓦、小型瓦、超小型瓦、超大型軒平瓦、無紋鬼瓦、花紋塼(せん)、金糸 

ミニチュア土器写真  仕切りのある須恵器壷

ミニチュア土器(平城京出土)          仕切りのある須恵器壷(平城京右京一条二坊十四坪出土)

3 ナニこれ!どんな願いが?

 平城京からは様々な祭祀・宗教関係遺物が出土します。しかし、考古学は主にものを研究対象としますので、ものとして残らない過去の人間の心の研究は苦手とするものの一つです。それでも文献史料や民俗学などの成果を比較検討して、さまざまな仮説が出される魅力ある遺物をここで紹介します。

主な展示品:人面墨書土器、土馬、ミニチュア煮炊具、人形、銅製人形、大型人形、人形を封入した須恵器壺、刀形、馬形、斎串(いぐし)、陽物(ようぶつ)形木製品

木偶写真     土馬

木偶(平城京右京二条三坊二坪出土)     土馬(平城京左京八条二坊三坪・左京四条五坊七坪出土)    

4 ナニこれ!どんな意味が?

 奈良時代は律令に基づく文書行政事務が貫徹していたといわれ、木簡を代表する、さまざまな文字資料が出土しています。ここでは、単なる落書きまたは習書等とは思えないのですが、はっきりとした意味が分からない墨書・墨画・刻印等を紹介します。また何を表現したかわからない造形や、どんな意味が込められたか意味不明な遺物もあわせて紹介します。

主な展示品:墨書土器、墨書のある檜扇、墨画のある須恵器蓋、圏足円面硯(けんそくえんめんけん)脚部、大安寺の刻印瓦、異物の混じる瓦

    顔の表現がある須恵器脚部 意味不明の墨書がある檜扇

   顔の表現がある須恵器脚部          意味不明の墨書がある檜扇
  (平城京左京五条四坊条間北小路出土)
    (平城京右京二条三坊四坪出土)

会場

奈良市埋蔵文化財調査センター 展示室

開催期間

令和2年9月1日(火曜日)~令和2年11月20日(金曜日)

開催時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)

休館日

土・日・祝日。
ただし、好評につき10月17日(土曜日)・18日(日曜日)・11月3日(火曜日・祝日)・11月7日(土曜日)は開館することになりました!

入館料

無料

チラシダウンロード

令和2年度秋季特別展「ナニこれ!? 平城京出土用途不明品― 」チラシ[PDFファイル/1.07MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)