ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 入札・契約・事業者募集 > 契約課以外の入札・契約情報(その他) > 文化情報 > 奈良市音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査の実施について

本文

奈良市音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査の実施について

更新日:2023年9月26日更新 印刷ページ表示

音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査の実施について

【お知らせ】

・調査結果の概要を公表しました。(令和5年9月26日更新) 

・音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査について質問と回答を掲載します。

質問と回答 [PDFファイル/316KB]

 

調査の趣旨

音声館は、伝統的な芸能の継承並びに音楽及び演芸の振興を図り、市民の文化の向上に資することを目的として平成6年に設置されました。現在は、奈良県内に伝わる“わらべうた”の保存・普及を中心とした事業の開催や自主的な学習・文化活動の拠点として、創作発表、音楽鑑賞や講演会など幅広く利用されています。

しかしながら、平成10年代のピーク時は8万人以上あった来場者も、少子高齢化や近年の新型コロナウイルス感染症の流行により来場者数は減少し、近年は3万人台となりました。来場者数の減少とともにホール使用率は低下、また、施設の経年劣化、厳しい奈良市の財政状況等、音声館を取り巻く状況も時の流れとともに変化しているところです。

​昨年度もサウンディング型市場調査を実施し、民間事業者のノウハウや知識を参考に、音声館のビジョンや、果たすべき役割を『新たな運営方法』としてまとめさせていただきました。今回のサウンディング型市場調査ではこの『新たな運営方法』に基づく運営方策について広くご意見を募集するとともに、時代の変化に対応した施設運営について調査・検討することで令和7年度以降のさらなる施設の活用策を見出すためのサウンディング型市場調査を実施します。

調査対象施設

施設名称   音声館

所在地    奈良市鳴川町32番地の1

建物構造   鉄骨造 地上2階建

敷地面積   1,326.42平方メートル

延床面積   1,194.86平方メートル

開館年月日  平成6年10月4日

施設の目的  伝統的な芸能の継承並びに音楽及び演芸の振興

 

調査の流れとスケジュール
内容 期日
実施方針の公表、参加者募集開始 令和5年6月下旬
現地説明会参加申込の期限 令和5年7月7日(金曜日)
現地説明会の開催 令和5年7月11日(火曜日)~7月13日(木曜日)
質問申込の期限 令和5年7月27日(木曜日)
サウンディング参加申込の期限 令和5年8月4日(金曜日)
サウンディングの実施 令和5年8月16日(水曜日)~8月18日(金曜日)
調査結果概要の公表 令和5年9月中旬頃

 

資料

詳細は下記資料をご覧ください。

音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査実施要領 [PDFファイル/323KB]

別紙1説明会参加申込書 [Wordファイル/18KB]

別紙2質問書 [Wordファイル/18KB]

別紙3エントリーシート [Wordファイル/28KB]

別紙4対話シート [Wordファイル/19KB]

奈良市音声館条例 [PDFファイル/226KB]

奈良市音声館条例施行規則 [PDFファイル/436KB]

第2次奈良市文化振興計画 [PDFファイル/3.36MB]

平面図 [PDFファイル/108KB]

各種データ [PDFファイル/82KB]

(資料1)音声館「新たな運営方法」イメージ図 [PDFファイル/309KB]

調査結果の概要

令和5年7月から令和5年8月に実施しました奈良市音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査の結果概要を公表します。

 なお、本調査では、参加事業者の皆さまから、さまざまなご意見・ご提案をいただきましたが、各事業者のアイデア・ノウハウなど知的財産保護の観点から詳細については公表を差し控えており、今回公表する内容については、参加事業者から了承を得たものとなっております。

音声館の運営方法についてのサウンディング型市場調査結果概要 [PDFファイル/215KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)