ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

「警察官等騙り詐欺」

更新日:2016年12月26日更新 印刷ページ表示

犯行手口

警察官になりすました犯人が、被害者に対して「詐欺事件の犯人を検挙したところ、犯人が、あなたの口座番号を使っていた。このままでは、口座が凍結されてしまい、預金を引き出せなくなる。銀行員をお宅へ行かせますので、指示に従ってください。」などの内容の電話をかけ、銀行員をよそおった犯人に、キャッシュカードを騙し取られたり、口座番号や暗証番号を聞かれたりします。

傾向

ATMに誘導して振り込ませる従来の手段と異なり、警察官や銀行員を騙る犯人が、直接訪問して、お金を騙し取る傾向があります。

奈良市役所危機管理課Twitter<外部リンク>にて、不審電話情報を掲載しています。

防犯対策事項

防犯対策事項の画像

  • 警察官が電話で暗証番号を聞き出したり、銀行関係者がキャッシュカードを直接回収することは絶対にありません。
  • 疑問に思ったら、電話帳などで番号を調べた上で警察や銀行に相談、確認をしてください。暗証番号は絶対に他人に知らせない!
  • 電話でお金を振り込むよう、または送金するよう指示された場合は、まず詐欺と疑って必ず警察に相談してください。

 キャッシュカード・通帳を他人に渡さない

 まずは落ち着いて

 警察安全相談ダイヤル#9110に相談を!


リアルタイム情報(感染症等)
奈良市地域防災計画
奈良市危機管理指針
申請・届出