ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・災害 > 令和元年度「踏切事故防止キャンペーン」が実施されます。

本文

令和元年度「踏切事故防止キャンペーン」が実施されます。

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

きけんです むりなおうだん いのちとり
「踏切事故防止キャンペーン」

  • 踏切事故は、毎年多数発生しており、その多くが歩行者や自転車の直前横断、自転車の無謀運転や運転操作ミスなど踏切通行者側の原因によるものです。近畿運輸局管内の平成30年度における踏切事故の発生件数は、鉄道事故全体の3割を超えており、発生件数は44件、死傷者数は20名となっています。
  • 事故を起こさないためにも、踏切直前においては一旦止まって、踏切の向こう側の道路状況と左右の安全を確かめて通行し、無理な横断はやめることが大切です。
  • 踏切道を通行する自動車のドライバー及び歩行者を対象に、交通ルールの遵守、安全意識を高めることを目的とした「踏切事故防止キャンペーン」を実施します。

実施期間:令和元年11月1日(金曜日)から10日(日曜日)までの10日間

スローガン:「きけんです むりなおうだん いのりとり」

  • 主な内容:オープニングセレモニー(京阪神地区の主要な鉄道ターミナル駅)、踏切での安全啓発活動(主要踏切道 約155箇所予定)
  • 推進機関:近畿運輸局、近畿各県、鉄道事業者、自動車関係団体ほか

キャラクターと令和元年度ポスターの画像

ダウンロード

踏切事故防止のご協力を呼びかける踏切道と活動予定日時(40KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


リアルタイム情報(ライフライン)
リアルタイム情報(交通等)
リアルタイム情報(感染症等)
奈良市危機管理指針
申請・届出