第六回珠光茶会

登録日:2018年12月7日

奈良大茶会「珠光茶会」を開催いたします。
 珠光茶会は、今年度で第六回目を迎えます。古都奈良を体感できる世界遺産を含む八社寺や「ならまち」のお茶室等を会場にして、茶道七流派による身体も心も温まるお茶席をお届けします。また、各流派によるお点前実演企画もご用意しております。凛とした冬の古都奈良ではのお茶会をお楽しみください。(下記写真は昨年度の様子。左から大安寺、八窓庵、西大寺大茶盛、奈良町にぎわいの家菓子)
第5回珠光茶会 第5回珠光茶会   第5回珠光茶会の様子 奈良町にぎわいの家

【チケット完売情報(平成30年12月7日 9時30分現在)】
※完売情報については、当ホームページで随時更新いたしますが、最新の販売状況につきましては直接申込先(なら100年会館:0742-34-0111)までお問い合わせください。

平成31年2月6日(水)
お茶会:【弐】 会場:八窓庵(奈良国立博物館)

平成31年2月7日(木)
お茶会:【弐】 会場:八窓庵(奈良国立博物館)

平成31年2月9日(土)
お茶会:【壱】 会場:唐招提寺・大安寺

平成31年2月10日(日)
お茶会:【四】七流派おもてなしの共演
時間:第一部(午前9時~午前11時) 会場:春日大社

平成31年2月10日(日)
お茶会:【四】七流派おもてなしの共演
時間:第二部(午後2時~午後4時)会場:春日大社

平成31年2月10日(日)
お茶会:【伍】日本酒茶会~古都華を和えて~
会場:奈良町にぎわいの家

平成31年2月11日(月・祝)
特別企画「珠光の奈良を歩く~神津朝夫先生と行く~」

珠光茶会開催の意義

  •  「わび茶」は、室町時代の茶人で奈良出身である珠光が創始し、利休が大成させて全国に普及したと言われています。現在の茶道の源流とも言える奈良のお茶文化に触れていただき、凛とした冬の古都の味わいを活かして、お茶会を開催します。 
     

  • 七流派(表千家、裏千家、武者小路千家、遠州流、石州流、藪内流、宗徧流)が一堂に会し、奈良市内の世界遺産を含む八社寺や、歴史的な町並みが残る「ならまち」のお茶室等を会場として開催するお茶会です。
     

  • 普段から本格的にお茶に親しんでいる方だけでなく、お茶に親しむ機会の少ない市民や観光客の方など、幅広い層にお茶に親しんでいただき、奈良におけるお茶文化の裾野を広げていきます。
     

開催日 

 平成31年2月6日(水)~平成31年2月10日(日) (5日間) 

 

会場

  各会場への直接のお問い合わせ・申込みはご遠慮ください。

主催  

 珠光茶会実行委員会 
 (八社寺の代表と奈良市長で構成/奈良市・奈良市観光協会が事務局を担当)

 珠光茶会の内容 

とき

 種類

 会場1

 会場2

 6日(水)

 【  】5,000円
(→ 申込方法 )

東大寺 (点心席)
宗徧流(濃茶)

法華寺
藪内流(薄茶)

 7日(木)

 【  】5,000円
(→ 申込方法 )

春日大社 (点心席)
遠州流(薄茶) 

薬師寺
裏千家(濃茶) 

8日(金)

 【  】5,000円
(→ 申込方法 )

元興寺
武者小路千家(薄茶、立礼)

西大寺 (点心席)
石州流(濃茶)

9日(土)

 【  】5,000円
(→ 申込方法 )

唐招提寺
表千家(薄茶)

大安寺 (点心席)
藪内流(濃茶)

10日(日)

 【  】各部2,000円
(→ 申込方法 )

春日大社 七流派 おもてなしの共演

  • 第一部:裏千家、武者小路千家、石州流

  • 第二部:表千家、遠州流、藪内流、宗徧流

 

とき

種類

会場

6日(水)

 【  】1,000円
(→ 申込方法 )

奈良町にぎわいの家
佐久間宗成社中(薄茶)

 【  】1,500円
(→ 申込方法 )

八窓庵(奈良国立博物館のHPへリンク)
敬游会(薄茶)

7日(木)

 【  】1,500円
(→ 申込方法 )

八窓庵(奈良国立博物館のHPへリンク)
敬游会(薄茶)

8日(金)  【  】1,000円
(→ 申込方法 )
なら工藝館
奈良工芸フェスティバル実行委員会(薄茶)

9日(土)

 【  】1,000円
(→ 申込方法 )

名勝大乗院庭園文化館
奈良市茶華道連盟(薄茶)

 【  】1,000円
(→ 申込方法 )
奈良町にぎわいの家
吉川宗文社中(薄茶)

10日(日)

 【  】1,000円
(→ 申込方法 )

名勝大乗院庭園文化館
奈良市茶華道連盟(薄茶)

 【 】2,500円
(→ 申込方法 )
奈良町にぎわいの家
日本酒茶会~古都華を和えて~

 お茶券の種類

  • 壱:5,000円券
     「お茶席(2席分)」「点心席」「各会場拝観」「お茶席巡回バス乗車)」

       平成31年2月6日(水) / 販売枚数300枚
       平成31年2月7日(木) / 販売枚数300枚
       平成31年2月8日(金) / 販売枚数300枚
       平成31年2月9日(土) / 販売枚数300枚 
     

      お茶席:午前9時~午後3時
      ※点心席:午前10時~午後2時
      ※ お茶席巡回バス乗車:始発10:00 毎時00分・30分発 終発16:00頃
     
  • 弐:1,000円券】(八窓庵会場のみ1,500円)
     「お茶席(1席分)」「会場見学」
     八窓庵会場のお茶券を購入された場合は、奈良国立博物館の展覧会もご覧いただけます。

       平成31年2月 6日(水) / 販売枚数80枚(八窓庵)
                       / 販売枚数70枚(奈良町にぎわいの家)
       平成31年2月 7日(木) / 販売枚数80枚(八窓庵)
       平成31年2月 8日(金) / 販売枚数70枚(なら工藝館)
       平成31年2月 9日(土) / 販売枚数100枚(名勝大乗院庭園文化館)
                                     /  販売枚数70枚(奈良町にぎわいの家)
       平成31年2月10日(日) /  販売枚数100枚 (名勝大乗院庭園文化館)

  • 四:七流派 おもてなしの共演券(各部 2,000円)】
     「各流派お点前実演見学」「お茶・お菓子提供」「春日大社国宝殿見学」

       平成31年2月10日(日)
         (1)第一部 / 午前9時~午前11時 / 販売枚数100枚
         (2)第二部 / 午後2時~午後 4時 / 販売枚数100枚
     

  • 伍:日本酒茶会~古都華を和えて~】
     「古都華の創作菓子提供」「清酒発祥の地”奈良”の地酒4杯」「お茶席(一席分)」
     

       平成31年2月10日(日)
         (1)一組目 /   9:00~ / 販売枚数12枚
         (2)二組目 / 10:30~ / 販売枚数12枚
         (3)三組目 / 正午~  / 販売枚数12枚
         (4)四組目 / 13:30~ / 販売枚数12枚
         (5)五組目 / 15:00~ / 販売枚数12枚

お茶券の販売

 お茶券の種類により、販売場所・方法が異なります。

種類

申込方法・期間

壱:5,000円券
ご購入は、お1人様5枚まで

  • [申込方法]
     窓口受付:
      なら100年会館 窓口
      奈良市三条宮前町7-1(JR奈良駅西口すぐ)

     電話申込:
      TEL 0742-34-0111
      なら100年会館チケット問い合わせ専用ダイヤル
     
     Web申込:
      要・会員登録(登録は無料)
      www.ticket.ne.jp/nara100onlineticket/
      (なら100年会館へのページにジャンプします) 

     

  • [申込期間]
     平成30年12月5日(水)~平成31年2月10日(日)
       ※Web販売は1月27日(日)まで
       ※ 休館日(毎週火曜日及び年末年始(12月28日~
           1月4日))はWeb受付のみ
     

  • [受付時間] 
       午前9時~午後5時
       ※ 電話予約は初日のみ午前10時から受付

弐:1,000円券
(八窓庵会場のみ1,500円)
ご購入は、お1人様5枚まで

四:七流派おもてなしの共演券
(各部2,000円)
ご購入は、枚数上限なし

伍:日本酒茶会券
(各部2,500円)
ご購入は、お1人様5枚まで
 

期間中の特別展・特別公開

特別公開 (当日の会場のお茶券提示で鑑賞できます。)

 公開日は各社寺でお茶席【壱】がある日のみ。

  •   【会場・内容等】

    春日大社 国宝殿・回廊内の御本殿

    東大寺   大仏殿>
     
    大安寺   馬頭観音立像(ばとうかんのんりゅうぞう)>
                           特別公開
     
    西大寺   愛染堂客殿(あいぜんどうきゃくでん)>
             特別公開

同時開催「大茶盛」

  • 【日時】 平成31年2月8日(金)
     

  • 【場所】 西大寺 (光明殿)
     

  • 【価格】 1,000円(大茶盛・本堂拝観)/当日受付のみ
     

  • 【問い合わせ先】 西大寺 (TEL 0742-45-4700)

 

同時開催「心の古里 古赤膚焼 奥田木白茶道具名品展 ~木洩れ日庵 井由紀子コレクション~」

  • 【日時】 平成31年2月1日(金)~2月24日(日)
          午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分まで)

           月曜および2月12日(火)は休館

  • 【場所】 なら工藝館1階 常設展示室

  • 【問合先】(一財)奈良市総合財団 なら工藝館(0742-27-0033)

  •  【場所】 なら工藝館 1階 常設展示室

 

奈良市観光協会・特別企画「珠光の奈良を歩く~神津朝夫先生と行く~」

 <内容> 

  • 珠光以前のお茶として茶勝負(闘茶)を、煎茶で体験。
  • 会場は貴重な闘茶資料を保有することで知られる元興寺
  • 成熟した珠光が、弟子に出した「心の文」を神津朝夫先生が解説
  • なら工藝館で「珠光青磁」(奥田木白作)を拝見
  • 今西家書院で温かい抹茶を一服
  • 珠光と同時代に活躍した善阿弥が改造した大乗院庭園を見学
  • 昼食開場はつる由

<参加者特典> 

  • 元興寺の古材から作られた『※お菓子だし』
  • 箱には珠光茶会実行委員会 会長の村泰善住職の揮毫(きごう)入り

※元興寺の昭和の大修理(昭和18年から29年まで)の際、奈良時代の僧坊遺構・国宝禅室

から再使用されることなく取り外された天平古材を、『お菓子だし』に謹製されたもの

 <日時> 平成31211日(月祝) 午前10時~午後340分頃

<料金> 15,000

<募集人員> 25名(15名以上で実施)

<問合先> 公益社団法人 奈良市観光協会 0742278866

イベント情報

    開催日:2019年2月6日 から 2月10日

このページのお問い合わせ先

観光経済部 観光戦略課
電話番号:0742-34-4739
Fax番号:0742-35-6822

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.