1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. 動物管理 >
  5. 犬・ねこについて >
  6. さくらねこ無料不妊・去勢手術事業(行政枠)について

さくらねこ無料不妊・去勢手術事業(行政枠)について

登録日:2019年10月23日

奈良市では、飼い主のいない猫(野良猫)をめぐり「猫の被害で困っている」、「猫が増えている」といった相談が寄せられています。猫を捨てることや虐待をすることは法律で禁止されています。
また、繁殖力が強いため、放置していては被害が広がるだけでなく、病気や事故で亡くなってしまう命も増える一方です。


奈良市ではこの問題に対して、まずは、猫を増やさないための「TNR活動」を実施することが有効と考えます。
そこで、
公益財団法人どうぶつ基金が行っている「さくらねこ無料不妊・去勢手術事業(行政枠)」に参加し、地域住民と協力しながら、市内の野良猫の不妊・去勢手術を支援する取組みを始めました。

実施状況

実施期間 申請枚数 手術頭数
H30/8/20~H30/10/26  20枚   20頭(オス6頭、メス14頭)
H30/11/9~H31/1/31 46枚 46頭(オス23頭、メス23頭)
H31/4/1~R1/6/30 50枚 50頭(オス22頭、メス28頭)
R1/8/1~R1/9/30 40枚 40頭(オス21頭、メス19頭)

 

TNR活動とは?

TNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊手術を行い、さくら耳カットをして、Return/元の場所に戻す)を行うことで、さかり声によるうるささや、ふん尿のにおいが激減し、さらに繁殖を防ぎ、猫問題を解決していく方法です。

 

さくらねことは?

不妊・去勢手術済のしるしとして、耳先をさくらの花びらの形にカットした猫のことです。
この耳のことを、さくら耳といいます。
しるしをつけることで手術済みであることと面倒を見ている方がいる猫であることがわかります。
市内で「さくらねこ」を見かけたら、やさしく見守ってあげてください。

 

公益財団法人どうぶつ基金について

公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼養方法の指導、動物愛護にかかわる思想や普及啓発を行い、地域の環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の推進に寄与することを目的とし、各種事業を行う団体です。

●リンク(公益財団法人どうぶつ基金)

このページのお問い合わせ先

健康医療部 保健衛生課
電話番号:0742-93-8395
Fax番号:0742-34-2485

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時30分~18時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.