1. 奈良市トップページ >
  2. イベント情報 >
  3. 平成29年度秋季特別展「平城の甍2-奈良市所蔵瓦展-」と埋蔵文化財講演会
  1. 奈良市トップページ >
  2. 議会・委員会 >
  3. 教育委員会 >
  4. 文化財 >
  5. 文化財ニュース >
  6. 平成29年度秋季特別展「平城の甍2-奈良市所蔵瓦展-」と埋蔵文化財講演会

平成29年度秋季特別展「平城の甍2-奈良市所蔵瓦展-」と埋蔵文化財講演会

tirasi

奈良市教育委員会では、昭和53年度から発掘調査を進め、出土遺物の65%を占める大量の瓦類を所蔵しています。今回の展示では、大安寺や東大寺といった著名な寺院だけでなく、古市廃寺や平松廃寺といった平城京内やその周辺の寺院、さらには発掘調査が実施されていない寺院遺跡の採集資料を一挙公開します。約200点の展示瓦のうち、半数が初公開資料です。

また、今年度寄贈された井上組旧所蔵瓦も公開します。近代の瓦葺師として活躍した井上組の業績をもとに、貴重な瓦類をご覧いただけます。

 

開催期間  

11月1日(水)~12月28日(木) 
土・日・祝日は休館、11月26日(日)は開館
午前9時~午後5時
 

会場

奈良市埋蔵文化財調査センターロビー・展示室

 

主な展示遺物

第1部 新収蔵資料-旧井上組所蔵瓦-

井上組は松太郎・亀太郎・勝の三代にわたって、文化財建造物等の瓦屋根修理に携わった瓦葺師です。

初代松太郎は、東大寺南大門・東大寺転害門・当麻寺金堂・興福寺東金堂・唐招提寺礼堂の修理工事を、「瓦葺師頭」・「瓦葺工頭」・「屋根葺工頭」といった「親方」として携わっていました。

平成29年に、三代目勝が95歳で逝去し、遺族から同年5月に瓦類が奈良市に寄贈されました。

第一部では、寄贈された貴重な瓦類を展示します。

◆東大寺大仏殿の瓦

 「東大寺大仏殿」銘の軒瓦一組は、字

体などから元禄期の東大寺大仏殿の瓦と

みられます。軒丸瓦瓦当径は約28cm、軒平

瓦当幅は約48cm、丸瓦は幅約26cmで長

さ約52cm、平瓦は幅約46cmで長さ約52

cmと世界最大の木造建築物にふさわしい

巨大な瓦です。

 

toudaizi

閑谷学校の瓦

閑谷学校は寛文十(1670)年、岡山藩主

池田光政が日本ではじめて庶民のための

学校として設立したものです。

現在は特別史跡・日本遺産になっており

備前焼で作られた瓦は、貴重な資料です。


sizutani

 

第2部 奈良市の古代寺院の瓦

奈良市教育委員会では東大寺・大安寺・元興寺等の奈良時代の官の大寺や、平松廃寺・古市廃寺といった平城京内・周辺の古代寺院の調査も実施し、その出土瓦を所蔵しています。

所蔵する瓦の中には、古代寺院の研究のためにと現地で採集され、寄贈された瓦もあります。この中には発掘調査が未だ実施されていない寺院遺跡の瓦も含まれており、現段階で寺院の性格を考えるうえで、貴重な資料です。

第2部では、以上のような奈良市の古代寺院の瓦を一挙公開し、その魅力に迫ります。

◆大安寺の鬼瓦

平城京左京六条四坊・七条四坊にかけて15

の寺地を占めた大安寺は、奈良時代には東大

寺や薬師寺などにも優る筆頭官寺でした。

大安寺の奈良時代の鬼瓦は、南都七大寺式鬼

瓦と呼ばれるものが大半であり、ドングリ眼で、

下顎・下歯を欠いた獣面を飾り、その周囲に珠

紋をめぐらす特徴をもちます。

 

oni

◆古市廃寺の瓦

古市町の平尾池の西側に所在する寺院で、周

辺に勢力をもっていた和邇氏系氏族である小

野氏の氏寺とみられています。

 

宝相華紋軒丸瓦は中国で考案された想像上の

植物紋様である宝相華紋を輪のように配置し

た軒丸瓦で、我が国で他に例が無い珍しい瓦

です。

 

huru

◆済恩院の瓦

済恩院は遣唐大使藤原清河が彼地で没した

で、延暦11年(792)に遺族などが、その家を

入して寺としたようです。史料で平城京右

四条二坊六坪付近が寺地とされます。発掘調

は行なわれていませんが採集品があります

sai

 

 

埋蔵文化財講演会

秋季特別展の会期中に、埋蔵文化財講演会を開催いたします。
事前申込が必要です。

講師

大脇 潔氏(元近畿大学教授・奈良文化財研究所名誉研究員)
「世界の瓦(仮題)」

原田 憲二郎(埋蔵文化財調査センター職員)
「平城京内とその周辺の寺院の瓦」

日時

平成29年11月26日(日) 午後1時半~4時半

会場

埋蔵文化財調査センター3階講座室

定員

50名

申込方法

往復はがき(124円)、またはEメールに、住所、氏名、電話番号を記入し、埋蔵文化財調査センターまで。
1通につき、1名。
応募者多数の場合は、抽選。抽選結果は応募された方法と同じ方法(はがき、Eメール)にてお知らせします。

申し込み先、交通案内はこちら(新しいウインドウが開きます)

しめきり

平成29年11月13日(月)必着

 

チラシのダウンロード

平成29年度秋季特別展チラシ表PDF文書(1.23MB)

平成29年度秋季特別展チラシ裏PDF文書(0.83MB)

 

当センターでは、埋蔵文化財に関する情報発信を目的としてTwitterを利用しています。
登録していただくと、イベントや催しに関する最新の情報が入手できます。
ぜひ、「naracity_maibun」をフォローしてください。

 

イベント情報

    開催日:2017年11月1日 から 12月28日
    場所・時間等:
    埋蔵文化財調査センター展示室 午前9時~午後5時
    土・日・祝日は休館(11月26日は埋蔵文化財講演会開催のため開館)
    ※講演会:11月26日(日)午後1時半~4時半(埋蔵文化財調査センター講座室)
    開催しない日:
    2017年11月1日 から 12月28日 の 毎月第1,2,3,4,5日,土曜日

このページのお問い合わせ先

教育総務部 埋蔵文化財調査センター
電話番号:0742-33-1821

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.