1. 奈良市トップページ >
  2. 観光 >
  3. ならまち >
  4. 史料保存館企画展示 奈良町の芝居小屋‐尾花座‐
  1. 奈良市トップページ >
  2. 観光 >
  3. 文化財 >
  4. お知らせ >
  5. 史料保存館企画展示 奈良町の芝居小屋‐尾花座‐
  1. 奈良市トップページ >
  2. イベント情報 >
  3. 史料保存館企画展示 奈良町の芝居小屋‐尾花座‐

史料保存館 企画展示
奈良町の芝居小屋‐尾花座‐

 近世以来、都市の人口増加が進み、多くの人が町で暮らすようになるなかで、人びとの娯楽の場として各地に芝居小屋ができました。奈良町にも近世から近代にかけていくつか芝居小屋がつくられて、歌舞伎をはじめ、さまざまな興行が行われました。

 尾花座は、奈良町にあった芝居小屋のひとつで、明治・大正と歌舞伎・浄瑠璃・浪曲・落語などの諸芸能を上演し、大正・昭和には映画館として奈良の人びとに愛されました。 

 尾花座には、明治42年(1909)から大正10年(1921)にかけて、興行の成功を祈って劇場に掲げられていた「奉献額」が21枚残っています。そこには演目や出演者の名前が大書され、さらに鳴り物や衣装、興行主や裏方までその興行にかかわった人の名前が書きこまれ、当時の興行記録として、大変貴重なものです。

 今回の展示では、奉献額と、興行のポスターや大正・昭和の写真などから、近代奈良町の大衆文化の一端を知っていただきたいと思います。

【 期間 】 平成29年8月8日(火)~11月12日(日)
【前期】8月8日(火)~9月24日(日) 
【後期】9月26日(火)~11月12日(日) 
[休館] 月曜日、9月19日(火)、10月10日(火) (祝日は開館)
【 時間 】 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
※8月11日(金・祝)~13日(日)は午後9時まで開館
【 入館料 】 無料
【 主な展示品 】 【全期間】
・市川斎入他、歌舞伎尾花座公演奉献額(こけら落とし公演)
明治42年(1909)
・尾花劇場関係の写真パネル

【前期】
・川上音二郎劇団尾花座公演奉献額 明治43年(1910)
・吉田奈良丸尾花座公演奉献額 明治43年(1910) 

【後期】
・曽我廼家五郎一派尾花座公演奉献額 大正2年(1913)
・曽我廼家蝶鳥会 豊嶋女優団尾花座公演奉献額 大正3年(1914)
【 展示解説 】 館員の展示解説を、史料保存館で期間中2回行います。申込は不要です。
8月19日(土) 午後1時半~
10月14日(土) 午後1時半~  約30分の予定です。
【 展示関連イベント】  奈良町にぎわいの家出張展示  
「タイムトラベル奈良町 奈良町の芝居小屋-尾花座-」
(申込不要)

 ならまち歳時記「奈良町の芝居小屋‐尾花座‐」展にあわせて、奈良町にぎわいの家で、展示に関連した史料の一部を出張展示し、史料保存館の館員が史料の解説を行います。

日時:9月16日(土) 午後1時~4時

解説:午後2時から約30分

会場:奈良町にぎわいの家(奈良市中新屋町5)

費用:無料

 

 

尾花座1920年代  
尾花劇場 (全期間展示)
大正9年から昭和初期(1920年代) 個人蔵
  1920年代の尾花劇場の外観です。大正9年(1920)に尾花座は中野商会が買い取り、尾花劇場になりました。

 

こけら落とし奉献額
市川斎入他、歌舞伎尾花座公演奉献額(こけら落とし公演) (全期間展示)
明治42年(1909) 個人蔵 寄託史料
 改築落成のこけら落とし公演の額です。上方歌舞伎の名優、市川斎入(さいにゅう)一座の歌舞伎が新舞台を彩りました。演目は「寿式操三番叟(ことぶきしきあやつりさんばそう)」「絵本太功記」などです。

 

  吉田奈良丸奉献額
吉田奈良丸尾花座公演奉献額 (前期展示)
明治43年(1910) 個人蔵 寄託史料
 奈良県吉野郡下市生まれの浪花節の名人、吉田奈良丸の公演です。吉田奈良丸は、優美で平易な節回しに人気があり、レコードが発売され全国的な人気になりました。明治時代末期の浪曲黄金時代を築いた人です。

 

豊嶋女優団奉献額  
曽我廼家蝶鳥会 豊嶋女優団尾花座公演奉献額 (後期展示)
大正3年(1914) 個人蔵 寄託史料
 曽我廼家蝶鳥会 豊嶋女優団の公演です。明治末から大正にかけて「女優ブーム」がおこり、大正2年、喜劇女優の劇団として作られたのが「曽我廼家蝶鳥会 豊嶋女優養成所」でした。役者名に豊嶋生子、千鳥、蝶子、橘、多美子など女優名が並んでいます。演目は「己が姿」「魔の罪」「紅一点」「カインドネス」などです。奉献額の左上に「豊嶋女優養成所 名誉講師 曽我廼家五郎」とあります。

 ※写真の無断転載禁止 

イベント情報

    開催日:2017年8月8日 から 11月12日
    場所・時間等:
    奈良市脇戸町1-1
    史料保存館
    開催しない日:
    2017年8月14日
    2017年8月21日
    2017年8月28日
    2017年9月4日
    2017年9月11日
    2017年9月19日
    2017年9月25日
    2017年10月2日
    2017年10月10日
    2017年10月16日
    2017年10月23日
    2017年10月30日
    2017年11月6日

このページのお問い合わせ先

教育総務部 文化財課 史料保存館 (展示期間、内容は変更することがあります)
電話番号:0742-27-0169

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.