1. 奈良市トップページ >
  2. 市役所ご案内 >
  3. 各課のページ >
  4. 学校教育部 >
  5. いじめ防止生徒指導課 >
  6. お知らせ >
  7. 「ストップいじめ なら子どもサミット」開催
  1. 奈良市トップページ >
  2. 市役所ご案内 >
  3. 各課のページ >
  4. 学校教育部 >
  5. いじめ防止生徒指導課 >
  6. いじめの問題に関する取組 >
  7. 「ストップいじめ なら子どもサミット」開催

「ストップいじめ なら子どもサミット」開催

「ストップいじめ なら子どもサミット」を開催しました。

 

 〇日時・場所

 

 平成29年2月5日(日)13:00~16:00 奈良市役所正庁

 

 〇対象

 

 奈良市立学校児童生徒・保護者・教職員、地域の方々

 〇内容

市立10中学校から34名の生徒が参加して、「奈良市いじめ問題中学生7,000人アンケート」の集計結果をもとにしたワークショップを行い、その内容をもとにスローガンをつくりました。また、大人と生徒によるパネルディスカッションも行いました。当日は、保護者の皆様や地域の方々、学校の先生方など約130名に見守られる中、自分たちがいじめについて考えたことを発信しました。

〇開会の挨拶

参加生徒の代表が、「今日までに、『いじめ』を許さない学校づくりに向けた話し合いを行ってきた。このサミットでは、これまでの取組を発表し、『いじめの問題』を会場の皆さまとともに考える機会にしたい。」と意気込みを述べました。

〇激励のメッセージ

仲川げん奈良市長より、「自分たちが主体となり『いじめの問題』について考え、話し合い、自分たちの力でいじめをなくしていこうとする、素晴らしい取組です。心から応援します。」という激励のメッセージをいただきました。

 〇サミットまでの活動

・今年の「奈良市子ども会議」で「いじめの問題」について討議した生徒が中心となって「いじめについてのアンケート」を作成し、全ての奈良市立中学校で実施しました。

・約7,000人の回答の集計結果をもとに、サミット当日までに3回の事前ワーキング会議を開催しました。

 〇ワークショップ

「いじめについてのアンケート」の約7,000人分の集計結果をもとにしたワークショップを会場で行いました。学年が上がるほど「いじめの件数が減る」、「止める人が減り、黙って見ている人が増える」、「いじめの場としてSNSが増える」といったアンケートの回答から読み取れる傾向について、班ごとに意見を交流し、グループごとに発表しました。

それぞれの班からは、「成長に伴い、いじめの見方や考え方が変わるのではないかと思う」、「いじめの対象が絞られていくからではないか」、「標的になることから、自分を守るためかもしれない」、「SNSは人目につきにくく、見つかりにくいから心配だ」、「授業中の『いじり』が、休み時間には『いじめ』に発展する」、「『やめろ』というだけでなく、他のことに目を向けさせることも必要である」といった様々な意見が出されました。

 〇パネルディスカッション

10名の中学生と、学校・保護者・地域を代表して3名の大人の方にパネラーとして登壇していただき、「ストップいじめ!わたしたちができること」と題してパネルディスカッションを行いました。子どもたちからは、「黙って見ている人」を「止める人」にするために「複数の仲間の輪をつくる」という意見が出され、大人3名のパネラーからは、

・「自分たちの問題として主体的に考え、取り組んだ素晴らしい取組である。」

・「それぞれの学校に持ち帰り、行動していくための第一歩となる。」

・「学校、保護者、地域も一緒になって、みんなで応援していきたい。」

とエールをいただきました。

 

 〇スローガン「ストップいじめ三ヶ条」の発表

これまでの事前ワーキング会議を通して話し合った内容をもとにして、『ストップいじめ3ヶ条』をつくりました。参加生徒全員が声を揃えて、会場の皆さんに向けて発表しました。

一、「STOPいじめ!STARTきずな!」

二、「集団の色に染まるのではなく、自分の意志で動こう!」

三、「勇気・雰囲気・止める気~あなたは持っていますか?」

〇「なら ストップいじめ3ヶ条 2017」は、YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=BR3KUUoG7uA&feature=youtu.be)からご覧になれます。 

 

最後に、「私たちは、このサミットで得たものをそれぞれの学校に持ち帰り、広めていくことが務めだと考えている。みんなが『いじめ』を許さない、『いじめ』に対する偏見をもたない、そんな雰囲気をつくり、持ち続けることができれば、とてもよい未来が待っていると思う。自分にできることから始めたい。」というサミット参加生徒代表の挨拶で、今年度の「ストップいじめ なら子どもサミット」は閉会しました。

今後は、このサミットでの活動と交流を通して、生徒たち自身が考え、感じ、気づいたことを「いじめを許さない学校づくり」を持続、発展のある取組として実践し、その中心として活躍してくれることを期待しています。さらに、生徒たちを主体とした活動が、保護者や地域の方々とともに、地域ぐるみの「いじめを許さない学校づくり」に拡がることを願っています。

〇当日の様子は奈良市ニュース(YouTube)でもお知らせしております。(00:20~02:06)(https://youtu.be/XrrbqxWtgrc?t=20s

 

 

 ワークショップ

ワークショップ

グループごとの発表

グループごとの発表

パネルディスカッション

 パネルディスカッション

 いじめの問題に関する取組のページに戻る

このページのお問い合わせ先

学校教育部 いじめ防止生徒指導課
電話番号:0742-34-4863
Fax番号:0742-34-4993

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.