1. 奈良市トップページ >
  2. 観光 >
  3. ならまち >
  4. ならまち歳時記~早春~ 月ヶ瀬の梅 
  1. 奈良市トップページ >
  2. イベント情報 >
  3. ならまち歳時記~早春~ 月ヶ瀬の梅 
  1. 奈良市トップページ >
  2. 議会・委員会 >
  3. 教育委員会 >
  4. 教育委員会からのお知らせ >
  5. お知らせ >
  6. ならまち歳時記~早春~ 月ヶ瀬の梅 

史料保存館 ならまち歳時記~早春~
月ヶ瀬の梅

 月ヶ瀬の梅は、紅花染の触媒材として使われる烏梅(うばい)の生産のため、江戸時代後期に本格的に植樹されました。五月川の渓谷を埋め尽くすほどの梅林の風景は、梅の名所として世に知られ、大正11年(1922)には「月瀬梅林(つきがせばいりん)」として国の名勝に指定されています。

 今回のならまち歳時記は、早春の季節にあわせて、多くの人々に愛されてきた月ヶ瀬梅渓を、文人が残した作品と、地元で発行された案内図や写真などで紹介します。

 会期のうち、前期は月ヶ瀬をこよなく愛した近代文人画の巨匠、富岡鉄斎(とみおかてっさい)の書画を展示します。鉄斎によって表現された月ヶ瀬の梅花と、渓谷の美しさを紹介します。
 後期は、梅渓の写真や絵はがき、地元で発行した案内図などを展示して、明治以降の月ヶ瀬梅渓の見どころや、景観の移り変わりなどを紹介します。
 また、展示の全期間をとおして、幕末から近代にかけてのロングセラーで、月ヶ瀬梅渓を天下第一の梅の名所として世に紹介し、文人たちの観梅や詩文にも影響を与えた津藩の儒学者、斎藤拙堂(さいとうせつどう)の『月瀬記勝』を展示します。

 展示を通して、現在も多くの人が観梅に訪れる月ヶ瀬梅渓の歴史や、文芸作品について、改めて知っていただく機会になればと思います。

【 期間 】 前期:平成29年2月7日(火)~3月12日(日) 富岡鉄斎 月ヶ瀬梅渓関係作品
後期:平成29年3月14日(火)~3月31日(金) 写真・案内図でみる月ヶ瀬梅渓
[休館] 月曜日、3月21日(火)
(祝日〈2月11日(土)・3月20日(月)〉は開館)
【 時間 】 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【 入館料 】 無料
【 主な展示品 】 〈前期展示〉
・月瀬図巻 富岡鉄斎 明治時代
・梅渓放棹図(ばいけいほうとうず) 富岡鉄斎 明治38年(1905)
・名士観梅図(めいしかんばいず) 富岡鉄斎 大正5年(1916)

〈後期展示〉
・日本名勝図会 月ヶ瀬奥の谷 小林清親版画 明治30年(1897)
・月瀬名所十六勝名歌集 今中甚八編 明治32年(1899)
・大和名勝写真帖 奈良県 大正4年(1915)
・月ヶ瀬梅渓の絵はがき

〈全期間展示〉
・月瀬記勝 斎藤拙堂 嘉永5年(1852)
【 展示解説 】 館員の展示解説を、史料保存館で期間中2回行います。申込は不要です。
平成29年2月26日(日) 午後1時半~
平成29年3月12日(日) 午後1時半~  約30分の予定です。
【 展示関連イベント】

 奈良町にぎわいの家出張展示  
「タイムトラベル奈良町~月ヶ瀬の梅~」 (申込不要) 

  ならまち歳時記~早春~「月ヶ瀬の梅」展にあわせて、奈良町にぎわいの家で月ヶ瀬梅渓の史料の一部を出張展示し、史料保存館の館員が解説します。 

日時:3月5日(日)午後1時~4時

解説:午後2時から約30分

会場:奈良町にぎわいの家(奈良市中新屋町5)

費用:無料

 

〈前期展示〉
 月瀬図巻 画 月瀬図巻 書
月瀬図巻 富岡鉄斎  明治時代
  長さが3mをこえる大作です。月ヶ瀬の梅渓を「香雪世界」と讃え、五月川の流れに沿って梅渓全体を描いています。

    

 梅渓放棹図

  鉄斎70歳の作品で、月ヶ瀬梅林の渓谷美を描いています。その讃(絵にそえる詩文)には、月ヶ瀬梅渓を描こうと何度も仙境(月ヶ瀬)を訪れ、再三描いたが納得のいく画はひとつも描けていない。人は徒労を笑うが、私はひとりそれを楽しんでいる、という意味の漢詩が書かれています。

梅渓放棹図 富岡鉄斎 明治38年(1905)

 

〈後期展示〉
月瀬名所十六勝名歌集
月瀬名所十六勝名歌集 今中甚八編
明治32年(1899)
 月ヶ瀬尾山の今中甚八が版元となって出版された案内図で、月ヶ瀬の観梅のみどころである尾山八谷、一目八景などを歌と一緒に紹介しています。

 

月ヶ瀬橋 一目万本
月ヶ瀬橋 一目万本の眺望
一目千本 一目八景
一目千本の眺望 一目八景より祝谷を望む
絵はがき 月ヶ瀬梅渓
昭和40年代か
 カラー印刷の絵はがきです。高山ダム完成(昭和44年)前の梅渓の様子がわかる貴重な資料です。

 ※写真の無断転載禁止 

月ヶ瀬イベント情報  2月19日(日)~3月31日(金)月ヶ瀬梅渓梅まつり開催

 この期間中、月ヶ瀬梅の資料館で、月ヶ瀬を訪れた文人たちの書画、著書を展示する月ヶ瀬資料展を開催します。こちらもぜひご覧ください。詳しくは、月ヶ瀬梅の資料館までお問合せください。

電話 0743-92-0300 ホームページ http://web1.kcn.jp/tukigase-umeno-siryoukan/index.html

イベント情報

    開催日:2017年2月7日 から 3月31日
    場所・時間等:
    奈良市脇戸町1-1
    史料保存館
    開催しない日:
    2017年2月13日
    2017年2月20日
    2017年2月27日
    2017年3月6日
    2017年3月13日
    2017年3月21日
    2017年3月27日

このページのお問い合わせ先

教育総務部 文化財課 史料保存館 (展示期間、内容は変更することがあります)
電話番号:0742-27-0169

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.