1. 奈良市トップページ >
  2. 観光 >
  3. 文化財 >
  4. お知らせ >
  5. 登録有形文化財(建造物)の登録について(平成29年11月17日)
  1. 奈良市トップページ >
  2. 観光 >
  3. 文化財 >
  4. 奈良市の文化財 >
  5. 奈良市の指定文化財 >
  6. 登録有形文化財(建造物)の登録について(平成29年11月17日)
  1. 奈良市トップページ >
  2. 議会・委員会 >
  3. 教育委員会 >
  4. 文化財 >
  5. 奈良市の文化財 >
  6. 奈良市の指定文化財 >
  7. 登録有形文化財(建造物)の登録について(平成29年11月17日)

登録有形文化財(建造物)の登録について(平成29年11月17日)

 平成29年11月17日(金)に、国の文化審議会において、新たに奈良市内の建造物4件を登録するように答申がありました。
 この結果、後ほど行われる官報告示を経て、奈良市内の登録有形文化財(建造物)の総数は、101件(※)となる予定です。

※登録抹消予定のものを含みます。

佐埜家住宅 主屋(さのけじゅうたく しゅおく)

所在地

奈良市中新屋町(ならしなかのしんやちょう)

建築年代

嘉永3年(1850)/昭和中期・後期改修

構造形式

木造2階建、瓦葺、建築面積88㎡

登録基準

一 国土の歴史的景観に寄与しているもの

 奈良町の中心部にあり、一刀彫で知られる森川杜園(※1)が建てたと伝わる町家です。
 正面(東面)はつし2階の形式で、左右に出格子を構え、2階の軒は出桁(だしげた)で受けています。表屋造(※2)の形式で、南側に通り土間、北側に居室を並べます。正面の店舗の奥には坪庭があり、壁面に杉皮を使ったり、2階の窓から濡縁を出したりするなど、凝った意匠が特徴的です。江戸末期の伝統的な奈良の町家の特徴をよく伝える建物として、価値があります。
 平成28年から店舗として活用されています。

※1 森川杜園(もりかわとえん)
文政3年(1820)~明治27年(1894)。奈良の伝統工芸である奈良一刀彫(奈良人形ともいう)の多くの優れた作品を残した彫刻家。山田弥兵衛の名で狂言師としても活躍した。

※2 表屋造(おもてやづくり)
町家の形式のひとつ。通りに面した正面側を店舗、敷地奥側を居住部分とする。店舗と居住部の間の坪庭に面して玄関を設ける。

佐埜家住宅 渡廊下(さのけじゅうたく わたりろうか)

所在地

奈良市中新屋町(ならしなかのしんやちょう)

建築年代

昭和前期

構造形式

木造平屋建、瓦葺、建築面積12㎡

登録基準

二 造形の規範となっているもの

 主屋の後方に続く、平屋建、切妻造桟瓦葺の建物です。中庭に面する北側を手摺付の縁とし、南側に浴室や便所等を配します。縁先には柱を立てず、長い腕木で桁を受けます。腕木や桁に丸太材を用い、板の継ぎ目を見せない軒裏とするなど、意匠を凝らした渡廊下です。
 奈良の町家の伝統的な中庭空間をよく示しています。

佐埜家住宅 旧能舞台(さのけじゅうたく きゅうのうぶたい)

所在地

奈良市中新屋町(ならしなかのしんやちょう)

建築年代

江戸末期/昭和中期改修

構造形式

木造平屋建、瓦葺、建築面積37㎡

登録基準

三 再現することが容易でないもの

 敷地の奥に建ちます。間口4.9m、奥行7.6m、平屋建、正面入母屋造、背面切妻造、妻入、桟瓦葺。戦後に改造されていますが、かつては本舞台と後座(※)からなる能舞台でした。
 町家に附属する能舞台は希少で、江戸末期から明治前期にかけての、奈良の伝統文化を伝える建物として価値があります。また、狂言師としても活躍した、森川杜園(とえん)にちなむ建物としても重要です。

※後座(あとざ)
能舞台において、本舞台の奥の部分

豊﨑家住宅 主屋(とよさきけじゅうたく しゅおく)

所在地

奈良市西新屋町(ならしにしのしんやちょう)

建築年代

江戸末期/明治前期・昭和初期・同57年・平成28年改修

構造形式

木造2階建、瓦葺、建築面積72㎡

登録基準

一 国土の歴史的景観に寄与しているもの

 奈良町の中心部に位置し、かつて鍛冶屋を営んでいたとみられる町家です。
 江戸末期以前に建てられたとみられ、蔀(※1)と揚店(※2)、低いつしからなる表構えや、土間と居室からなる間取り、天井や箱階段等が旧状をよく伝えています。
 伝統的な町並みがよく残る奈良町の中心部において、歴史的景観の形成に大きく寄与する建物です。また、鍛冶屋町とも呼ばれた西新屋町の歴史を物語る建物としても貴重です。

※1 蔀(しとみ)
古い町家にみられる伝統的な建具の一種。水平にはね上げ、吊具で留める。

※2 揚店(あげみせ)
ばったり床几(しょうぎ)ともいう。町家において、ミセノマ正面の軒下に設ける折りたたみ式の縁台。

佐埜家住宅
佐埜家主屋正面全景
主屋 全景
主屋 坪庭
主屋 坪庭
渡廊下全景
渡廊下 全景
旧能舞台正面全景
旧能舞台 全景 
豊﨑家住宅
主屋正面全景
主屋 全景
主屋土間
主屋 土間

このページのお問い合わせ先

教育総務部 文化財課
電話番号:0742-34-5369
Fax番号:0742-34-4859

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.