1.  

木造不空羂索観音坐像

 不空羂索観音は人々を慈悲の綱(羂索)で救うといわれます。応現寺に安置されるこの像は、三つの目と八本の腕をもち、羂索を握る姿を表しています。均整のとれたゆったりとした体つきに定朝様(じょうちょうよう)という優美な作風の影響がみられ、11世紀末から12世紀前半頃の作と考えられています。
 その頃は、興福寺南円堂の不空羂索観音像が藤原氏に崇拝され、たびたび模刻されました。本像はそうした風潮の中で造られた貴重な遺例です。
 なお、かつて応現寺の近くには、興福寺僧が籠山(ろうざん)した善根寺があり、本像は善根寺に伝来したといわれています。
 
件名 木造不空羂索観音坐像
かな もくぞうふくうけんさくかんのんざぞう
数量 1躯
指定(分類)   重要文化財(彫刻)
指定日 昭和61年6月6日
所在地・所有者 奈良市東鳴川町31 東鳴川観音講
(管理団体 奈良市)
小学校区 興東
形状等 像高90.6cm
備考 平安時代
 


 
木造不空羂索観音坐像

このページのお問い合わせ先

教育総務部 文化財課 (写真の無断転載を禁じます)
電話番号:0742-34-5369
Fax番号:0742-34-4859

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.