1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. B型肝炎予防接種
  1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. B型肝炎予防接種
  1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. 保健予防 >
  5. B型肝炎予防接種

B型肝炎予防接種

B型肝炎予防接種

B型肝炎予防接種が平成28年10月1日から定期予防接種となっています。


 

B型肝炎とは・・・

・B型肝炎ウィルスに感染すると、肝臓に感染し、一過性感染、または持続感染(キャリア)を起こします。小児では無症状で経過しますが、その多くは、B型肝炎に感染した母親から、出生時の血液を介して感染することが知られていますが、そのうち約10~20%は感染から年月を経て慢性肝炎を発症し、その後肝硬変から肝ガンへと進行していきます。

感染経路は主にB型肝炎ウィルスを含む血液あるいは体液との直接接触によって生じます。母親がB型肝炎ウィルスに感染(キャリア)している場合、妊娠中あるいは、多くは出産時に母親の血液によって胎児あるいは新生児がウィルスに感染します。(垂直感染)

時に 家族内のB型肝炎患者からの口移しや歯ブラシの共有などで唾液からの感染、また集団保育での噛みつき事故などの水平感染もみられ、感染時の年齢が低いほど持続感染(キャリア)になりやすいことから小児期からの予防が大切です。

B型肝炎予防接種リーフレット(1154KB)

  • 対象者及び内容

接種当日、奈良市の住民基本台帳に記載されている者で

1歳のお誕生日の前日までの者

<注意事項>

※任意接種としてすでにB型肝炎の接種を受けたことがある方は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

※HBs(B型肝炎)抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険の給付により、B型肝炎ワクチンを受けた方は定期予防接種の対象とはなりません。

 

  •  標準的な接種年齢

生後2か月に達した時から生後8か月に達するまでの期間

 ○初回接種:27日以上の間隔で2回接種

 ○追加接種:1回目の接種から139日以上あけて1回接種     の合計3回

 

  •  通知方法

平成29年1月生まれの方からは市から送付する「予診票綴り」に予診票を同封しています。

※平成29年1月1日生まれ以前に生まれた方は登録医療機関にある予診票を使用してください。

  •  料金

無料

  •  接種方法

個別接種(市内登録医療機関に予約のうえ、接種してください)

  • 接種実施期間  

通年

  • 持ち物

母子健康手帳、本人確認できる健康保険証等、予診票綴り(平成29年1月1日生まれ以降の者

 

厚生労働省B型肝炎予防接種Q&A

※市内登録医療機関は、子どもの予防接種についてページをご覧ください。

※「予防接種と子どもの健康」をよく読んで、予防接種の意義を理解したうえで、接種を受けてください。

 

このページのお問い合わせ先

健康医療部 保健予防課
電話番号:0742-93-8397
Fax番号:0742-34-2486

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.