サービスの種類と内容

居宅(在宅)サービス 

◎訪問サービス

訪問介護(ホームヘルプ)
 ホームヘルパーが自宅を訪問して、食事、排せつ、入浴の世話などの身体介護や掃除、洗濯、調理などの生活援助を行います。
 
訪問入浴介護
 浴槽を積んだ入浴車などが自宅を訪問して、入浴サービスを行います。

訪問看護
 医師の指示に基づいて、看護師などが自宅を訪問して、病状の観察や床ずれの手当などを行います。

訪問リハビリテーション
 理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問し、機能訓練(リハビリテーション)を行います。

居宅療養管理指導
 医師や歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問し、療養上の管理、指導を行います。


◎通所サービス 

通所介護(デイサービス)
 日帰りでデイサービスセンターなどに通い、入浴や食事の提供、機能訓練などを受けます。

通所リハビリテーション(デイケア)
 日帰りで医療機関や介護老人保健施設に通い、リハビリテーションを受けます。
 

◎施設を利用するサービス 

短期入所生活介護(ショートステイ)
 介護老人福祉施設などの福祉施設に短期入所し、日常生活の介護や機能訓練を受けます。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
 介護老人保健施設や介護療養型医療施設などに短期入所し、日常生活の介護や機能訓練を受けます。

特定施設入所者生活介護
 指定を受けた有料老人ホームなどで、日常生活において介護が必要となった場合、介護保険の適用があります。


◎その他のサービス

福祉用具の貸与
 介護車椅子、特殊寝台、床ずれ予防用具、歩行器、歩行補助つえなどをレンタルできます。

  [福祉用具貸与に係る福祉用具の種目]

  • 車いす、車いす附属品、特殊寝台、特殊寝台附属品、じょく瘡予防用具
  • 体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助つえ
  • 老人徘徊感知機器、移動用リフト

福祉用具の購入費の支給
 福祉用具の購入費を1年度間に10万円を限度として支給します。(保険給付は9万円が限度)

   [福祉用具購入費の支給に係る特定福祉用具の種目]

  • 腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

住宅改修費の支給
 家庭での手すりの取り付けや段差の解消などの、小規模な改修の費用のうち20万円を限度として支給します。(保険給付は18万円が限度)

 改修工事前に「介護保険住宅改修費受領委任払い承認申請兼事前協議申請書」に記入の上、介護福祉課へご相談ください。

  [住宅改修費等の支給に係る住宅改修の種類]

  • 手すりの取付け、段差の解消
  • 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は、通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取替え・洋式便器等への便器の取替え
     

 地域密着型サービス

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
 認知症の方が少人数で共同生活をしながら、家庭的な雰囲気の中で介護や機能訓練を受けます。(要支援2以上でないと入居できません。)
 
夜間対応型訪問介護
 要介護者が夜間における定期的な巡回訪問等により、居宅において入浴・排せつ・食事等を受けるサービスです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
 ホームヘルパーや看護師が定期的な巡回又は随時通報によって家庭を訪問し、身体介護や生活援助などの世話や看護の支援をします。

認知症対応型通所介護
 認知症の方がデイサービスセンターなどに通い、リハビリテ-ションなどを受けます。

小規模多機能型居宅介護
 要介護者等の様態や希望に応じて、「通い」を中心に随時「訪問」や「泊まり」の提供を受けるサービスです。
 

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)  
 日常生活で常に介護が必要で、自宅での介護が困難な場合に入所し、必要なサービスを受けます。

介護老人保健施設(老人保健施設)
 病状が安定し、リハビリテーションに重点を置いたケアが必要な場合に入所し、医学的な管理のもとで介護や機能訓練などを受けます。

介護療養型医療施設(療養型病床群)
 長期間にわたる療養や介護が必要な場合に入所し、医療や看護又は介護などを受けます。
 

◎介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の優先入所制度

 介護保険制度の施行により、特別養護老人ホームの利用が契約制度に変わり、直接施設に入所の申込みをすることとなったため、入所申込者が増加しています。予約的なものや重複申込みも多く、本来施設サービスを受ける必要性が高いと認められる人が、直ちに入所することが困難な状況となっています。
 そこで、国において介護老人福祉施設の運営基準を改正し、真に入所を必要とする人に対する優先入所制度を設けました。この改正を受けて、奈良県が中心となって、入所の必要性の高い人を優先できるよう、透明性・公平性の高い入所指針を策定し、各施設で運用されています。

【優先入所を希望する場合】

1.施設に一般入所申込みをする。
2.担当介護支援専門員(ケアマネジャー)に「優先入所検討票」の作成を依頼する。
3.依頼を受けたケアマネジャーの所属する居宅介護支援事業所は、入所の必要性が高いと判断した場合、「優先入所検討票」を施設に提出する。
4.施設において、検討票をもとに優先入所の必要性が高いかを判断し、優先入所名簿に登載し、一般申込者と入所の必要性を比較したうえで、入所を決定します。
 

このページのお問い合わせ先

福祉部 介護福祉課
電話番号:0742-34-5422
Fax番号:0742-34-2621

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.