1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 子育て・教育・文化・スポーツ >
  4. 子育て情報ナビ >
  5. 子どもを育てる・預ける >
  6. 幼稚園 >
  7. 平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助について
  1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 子育て・教育・文化・スポーツ >
  4. 幼稚園 >
  5. 平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助について
  1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 子育て・入園・入学 >
  4. 入園・入学 >
  5. 補助・助成 >
  6. 平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助について

平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助について

奈良市では、国からの補助を受け、私立幼稚園に就園している幼児の保護者を対象に、就園に伴う保護者の経済的負担を軽減し、幼稚園教育の一層の普及充実を図るため、世帯の所得状況に応じて入園料・保育料の補助を実施しています。

 

 対象となる範囲と入園料・保育料の補助限度額

奈良市内に住民登録しかつ現に居住し、私立幼稚園(奈良市外の私立幼稚園を含む)(※)に在園する満3歳児、3歳児、4歳児及び5歳児の保護者で次の家庭の方

(※)「子ども・子育て支援新制度」に移行した私立幼稚園に就園している幼児の保護者は、対象外となります。

 区分【世帯階層】  多子区分   補助限度額(年額)

 小学校1~3年生の兄姉がいない世帯

 小学校1~3年生の兄姉がいる世帯
 【1】 生活保護世帯   第1子

 229,200円

 ―
 第2子  268,000円  249,000円
 第3子以降  308,000円  308,000円
 【2】

平成29年度市町村民税非課税世帯、市町村民税所得割非課税世帯

 第1子 199,200円  ― 
第2子  253,000円  226,000円

 第3子以降

 308,000円  308,000円
 【3】 平成29年度市町村民税所得割課税額が下の計算式Aによる基準額以下の世帯 第1子  115,200円  ― 
 第2子  211,000円  163,000円
 第3子以降  308,000円  308,000円
 【4】 平成29年度市町村民税所得割課税額が下の計算式Bによる基準額以下の世帯

第1子

62,200円  ―

 第2子

 185,000円  114,000円
 第3子以降 308,000円 308,000円
その他 上記以外の世帯  第3子以降のみ  308,000円  ―

計算式A:基準額=16歳未満の扶養人数×21,300円+16歳以上19歳未満の扶養人数×11,100円+34,500円

計算式B:基準額=16歳未満の扶養人数×19,800円+16歳以上19歳未満の扶養人数×7,200円+171,600円

 ※「平成29年度私立幼稚園就園奨励費チェックシート」(PDF271KB)及び平成29年度幼稚園就園奨励費チェックシート」内の平成29年度市民税所得割課税額等の確認箇所について』(PDF747KB)を参考にご覧ください。チェックシート等は左上からもダウンロードできます。

備考

1.「第1子」とは1人就園の場合及び同じ世帯から2人以上就園している場合の最年長者です。

2.「第2子」とは同じ世帯から2人以上就園している場合の次年長者及び小学校1~3年生の兄姉が1人いる世帯で就園している最年長者です。

3.「第3子以降」とは同じ世帯から3人以上就園している場合の3人目以降の園児及び小学校1~3年生の兄姉が1人いる世帯で、2人以上就園している場合の2人目以降の園児及び小学校1~3年生の兄姉を2人以上有している園児です。

4.保育所、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部に入所し、または児童発達支援及び医療型児童発達支援もしくは特例保育、家庭的事業等を利用する就学前児童の兄姉を有する園児は、当該兄姉を幼稚園児とみなして補助限度額を算定します。

5.補助限度額(年額)と、就園されている園の保育料(今年度入園の場合は入園料を足した額)の年額とを比較し、低い方の金額を補助します。

 (注1)市町村民税所得割課税額は、租税特別措置法による住宅借入金等特別税額控除の適用前の額で判定します。

(注2)世帯で2人以上に所得がある場合や単身赴任等で世帯が別の場合も、父母とそれ以外の家計の主宰者である扶養義務者の市町村民税所得割課税額の合計額で判定しますので、それぞれの方の分について添付してください。

(注3)年度途中に入園又は退園した場合は、月割額による補助とします。(年度途中の奈良市外からの転入も同様です。)

(注4)世帯構成の変更や税額の変更があった場合は、年度の途中であっても補助額が変更になる場合があります。補助金のお支払い後に補助額が減額になるような変更が確認された場合は、差額の返還が必要になります。

(注5)就園している幼稚園が年度途中に「子ども・子育て支援新制度」に移行した場合、移行前月までの月割額による補助とします。

 (注6)婚姻歴のないひとり親家庭には、20歳未満の子どもを扶養していても税法上の寡婦(夫)控除が適用されませんが、奈良市における「寡婦(夫)控除のみなし適用」を受けると、補助限度額(年額)が増額する場合があります。該当する家庭で、寡婦(夫)控除のみなし適用を受けられたい方は、奈良市保育所・幼稚園課(TEL0742-34-5086)へご相談ください。関連情報:「寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています

 申請手続き

就園している幼稚園を通じて行います。

(1) 4~6月に在園されている方

補助を希望される方は、6月上旬頃に幼稚園から配布される案内文書の右面「平成29年度 保育料等減免措置に関する調書」に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて幼稚園に提出してください。

平成29年6月30日(金)までに幼稚園に提出してください。※締切日以降の申請は認められません。

(2)7月以降に入園等された方

(ア)平成29年7月1日以降に奈良市外から奈良市に転入された方

(イ)平成29年7月1日以降に途中入園した方(1月末までの入園者に限ります。)

(ウ)満3歳クラスに在園で、誕生日が平成26年7月1日から平成27年3月31日までの方

(エ)6月以前からの在園児で平成29年6月30日日時点では補助対象外だったが、平成29年7月1日以降に保護者変更で保護者の市民税所得割額が補助対象内になった方

(ア)~(エ)いずれかに該当する方で補助を希望される方は、11月下旬に幼稚園から配布される文書「平成29年度 保育料等減免措置に関する調書(追加申請分)」等に必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて幼稚園に提出してください。

平成29年12月中旬頃(予定)までに幼稚園に提出してください。※締切日以降の申請は認められません。

 

このページのお問い合わせ先

子ども未来部 保育所・幼稚園課
電話番号:0742-34-5086
Fax番号:0742-36-7671

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.