1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. 食育 >
  5. 食育フォトエピソードコンテストを実施しました!
  1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 子育て・教育・文化・スポーツ >
  4. 食育フォトエピソードコンテストを実施しました!
  1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 健康・医療 >
  4. お知らせ >
  5. 啓発 >
  6. 食育フォトエピソードコンテストを実施しました!

食育フォトエピソードコンテストを実施しました!

フォトコンテスト結果発表

―食育フォトエピソードコンテスト―

募集期間:平成26年4月1日(火)~5月6日(火)

表彰式:平成26年6月8日(日)

応募総数:45点

 

 【受賞作品】
(敬称略)

<最優秀賞>
1点

最優秀
 

「美味しそうだよ」
吉田 真子

毎週末に父親との共同作業によって、少しずつ大きく育ってついにこの春、収穫出来た大根です。自分たちが育てたお野菜は達成感がいっぱいで、食べることがもったいないくらい!元気に大きくなってくれてありがとうの気持ちをこめて、いただきます!!

 

 

 <優秀賞>
3点

優秀 優秀 優秀

「自分で食べれるぞー(^-^)」
大西佑樹

オレンジのスプーンでいつも手作りの離乳食を食べさせていました。
ある日、スプーンを持たせて食べさせたら大きな笑顔。
それから、食事の時には自分でスプーンを持って、大喜びのおいしい顔をするようになりました。

「真剣!」
鶴 正樹

包丁を持ったら真剣!頭の先から足の先まで全身で目の前のものに向かう。子供の集中力はすごいですね!エビ焼売のエビを細かく刻む4歳の娘。皮で包むときも、大人では考え付かない色んな形を作り出します。
子供と作って食べるという行為は、たくさんの子供の表情を見られる。そして想像力を発見できますね♪これからも娘と台所に立つことを大切にしていきたいです。
苦手なもの克服につながると、もっと嬉しいけどね~

「一緒に作ったら
めちゃおいしくなった」
植田実希子

大好きなハンバーグを一緒に作りました。健康を考えたハンバーグ、「中には、色々なゆでたおまめさん、刻んだエノキダケ、たまご、バラバラにしたお肉、たまご、パン粉に塩コショウやで。」と子供に説明しながら混ぜるお手伝いをしてもらいました。へぇ、そうなんや。と息子。一緒に作ったらよけいおいしなんで。と言いながら楽しいひとときです。もちろん、バクバク食べてくれました。

 

 <特別賞>
5点

おいしい笑顔賞 とれたて賞 保健所長賞

おいしい笑顔賞

 

とれたて賞 保健所長賞

「デザートは別腹♡」
藤原愛美

久しぶりに会った従妹の家族と一緒にしゃぶしゃぶを食べに行ったとき、4歳の従妹はしゃぶしゃぶも美味しそうに食べていたけど、最後に頼んだアイスに一番テンションが上がっていました。口の周りをアイスまみれにして食べている従妹がとてもかわいくて幸せそうでした。カメラを向けたら、笑顔でこっちを向いてくれました。

「まちなか菜園」
湯川慶子

私の祖父母は家の裏にある40坪程のスペースを使って自家菜園をしていて、季節によっていろんな野菜が育てられています。私は野菜があまり好きではありませんが、祖父母が作る野菜は旬のもので、甘みがあり大好きです。また、秋にはサツマイモを近所にある保育園の園児たちを呼んで一緒に掘ります。野菜はスーパーで買うのが当たり前になっているなか、サツマイモを掘るという経験は園児たちの思い出の一つになるはずです。

「はじめてのケーキづくり」
浦出和宏

はじめて一緒にチーズケーキを作りました。『パパにあげる~』と一生懸命混ぜていました。焼き上がりのおいしそうな香りに娘も大喜び。アプリコットジャムを塗って出来上がり。お仕事から帰ってきたパパに『チーズケーキ焼いたよ。ほら見て~』と嬉しそうな顔『すごい上手に出来てる。おいしいわぁ~』の言葉に『そやろ~』と満足そうな笑顔。
また一緒に作ろうね。

クッキング賞 みんなで食べよう賞
クッキング賞 みんなで食べよう賞

「包丁デビュー♪」
大原結衣

三歳にして包丁デビュー♪
自分で切ったイチゴを食べる、あげる、を楽しみながら挑戦しました

「大きなケーキを食べられる日」
藤山千晶

大きなケーキが食べられる日、それは誕生日!年に一度、自分の好きなケーキを選んで食べられる誕生日がいくつになっても待ち遠しく、誕生日までそわそわごそごそ…とにかく落ち着かない!
そして当日、待ち続けたケーキを前にして、満面の笑みでスタンバイ!私の誕生日にも関わらず、兄の方が嬉しそう…

 

<佳作>
10点

佳作1 佳作2 

「お外で食べるお弁当は美味しい~♪」
井上奈々子

先日、生駒の宝山寺~暗峠~南生駒と約7キロを家族でウォーキングしました。
暗峠の棚田の菜の花畑でお弁当を
みんなで食べたのですが、
普段は食わず嫌いが多く、食も細い息子
頑張って歩いたおかげが(途中までですけど)
とっても美味しそうにお弁当を完食!
お外で食べるお弁当、最高~♪
の笑顔です。

 

「夢ができた瞬間」
花野紗矢香

この写真は私が料理教室で作った栗あんぱんにかぶりつく妹です。1人で1つを全部食べ切りました。いつも私が持って帰るパンを楽しみにしてくれています。私が作ったものを美味しいと言いながら笑顔で食べてくれる妹を見て、私は食べてくれる人を笑顔にできる仕事がしたいという夢ができた瞬間でした。

 佳作3  佳作4

 「OH!このみ焼き」
阪口達也

私はニュージーランドへ留学をしていました、一か月のいう短い期間でしたがホストファミリーはとても優しく、一緒に遊んだり私の誕生日を祝ってくれたりしてくれました。
帰国する前日の日、ホストファミリーに感謝の気持ちを込めてお好み焼きを作ろうとおもいました。そうすると、小麦粉しかなかったり、しょうががなかったり、ソースなど材料をそろえるのに大変苦労しました。
どうにか材料を集めることができ多少アレンジをして上手に焼くことができました。ホストファミリーも大喜びでした。この日の話題は日本の食について盛り上がりました。日本の食について知ってもらえてよかったです。
よほど印象的だったのか、ホストファーザーがお好み焼きと写真をぜひ撮ってくれ!と言ったので、この写真を撮りました。シャッターを押す瞬間、Oh! KONOMI!と叫んでました。
 

 「ぎょぎょぎょ~!」
谷村有美

今年の四月、和歌山県の黒潮市場マグロの解体ショーにて。
写真に写っているのは知人の子どもちゃんですが、ショーが始まると大興奮。
この子位のマグロが目の前にドーン!と置かれ、大きな包丁で身を切り分けていくお兄さん。
子どもちゃんは目を輝かせて「うわあ!おっきい!」と興奮しっぱなしでした。
解体ショーも終わり、
「マグロはこうやって泳ぐのかなぁ?」と楽しそうにイメージしながら、体で表現している子どもちゃんを激写。この後、このマグロを使った海鮮丼を頂きました。
 

 佳作5  佳作6

 「大きなたけのこ」
麻紗里芳

家族で出掛けた帰りに、奈良にある道の駅に寄りました。そこで目に入った迫力満点の大きなたけのこ。ちょうど旬ということもあり、購入しました。妹と一緒に母から、アクの取り方などたけのこの調理法を教えてもらいました。大きなたけのこは、タケノコご飯と若竹汁になり、家族皆で美味しく頂きました!!

 「はじめての一食」
浪瀬紗梨菜

この頃から食べることが大好きで、食べ物を前にすると満面の笑みを浮かべていたみたいです。食べ物は人を幸せにすると言いますが、この顔が物語っています。

 佳作7  佳作8

 「楽しいイチゴ狩り」
澤田日和

4月に大学の仲の良い友達とバスツアーで、和歌山までイチゴ狩りに行ったときの写真です。お腹を壊すくらいまで、皆でいちごを頬張りました。いちごをくわえながら、笑顔を作るのに必死です…

 「お芋と笑顔」
三木悠永

この春、東北に復興支援の活動で一緒に活動した仲間と集まってゴールデンウイークにBBQした時の写真。食べることの幸福さを知った仲間とこうやって美味しいものを食べることができて幸せです。
それにしても、どうして女の子はBBQで色んなものを焼きたがるのでしょうか。笑

 佳作9  佳作10

 「ぼくがつくったんだ!!」
木村泰絆

京都のひいばあちゃんが、庭で育てたおいしいおネギ。「たくさんたべよ~」と両手で抱えきれないほどもらって帰りました。卵や小麦粉混ぜるところから、全て一緒に作ってできあがったネギ焼き。できあがりを見て「ほわほわや~たいきがつっくたんやでな!おいしそ~!」と大喜び。大きな一枚ペロリとたいらげました。ひいばあちゃん、いつも美味しい野菜ありがとう!

 「愛知のみかん」
西村実莉

先日潮干狩りに知多半島までいってきましたが、肝心なアサリはとれず、帰りに市場に行ったところ露店で、みかんを販売していたので、味見をして購入しました。
愛知でもみかんが有名なところがあるのか聞くと、和歌山の持ち山から持って来たといわれ・・・
おばちゃんにみかんに顔を書いてもらって、おまけもたくさん頂きました。

 

 ご応募いただいた皆さま、素敵な写真をありがとうございました。

 

~表彰式の様子~

平成26年6月8日(日) はぐくみセンター(9階)

受賞者19名のうち11名が出席されました。奈良市食育推進会議委員の野口委員(帝塚山大学)と保健所長から受賞者へ賞状と副賞が授与され、主催者を代表して野口委員に作品の講評をいただきました。
第2次奈良市食育推進計画の紹介もしていただきました。
 

表彰式の様子

 

このページのお問い合わせ先

健康医療部 医療政策課
電話番号:0742-93-8392
Fax番号:0742-34-2482

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.