1.  

八幡神社中門

更新日:2014年6月24日

 八幡神社は、9世紀に宇佐八幡を勧請(かんじょう)して大安寺の鎮守としたことに始まると伝えられています。  中門(ちゅうもん)は規模の大きな四脚門で、室町時代後期の建物です。永正元年(1504)の火災後まもなく建てられたものが、江戸時代初めの改造により、現在の姿になったと考えられ、もとは両脇の翼廊は中門に直接つながっていたとみられます。屋根は近年新しくされているものの、木鼻(きばな)や蟇股(かえるまた)には中世の特徴がよく表れており、奈良市の神社における中世の四脚門として貴重な建物です。

 八幡神社中門

八幡神社中門

件名 八幡神社中門
附 翼廊2棟
かな はちまんじんじゃちゅうもん
数量 1棟
指定(分類) 奈良市指定文化財(建造物)
指定日 平成6年3月2日
所在地 奈良市東九条町1316
所有者 八幡神社
小学校区 大安寺
構造形式 桁行1間、梁間2間、四脚門、切妻造、本瓦葺
年代 室町時代(16世紀)、江戸時代(17世紀前期)に改造

このページのお問い合わせ先

教育部 文化財課 (写真の無断転載を禁じます)
電話番号:0742-34-5369
Fax番号:0742-34-4859

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.