1. 奈良市トップページ >
  2. 緊急情報 >
  3. 手足口病が流行しています!
  1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. 保健予防 >
  5. 手足口病が流行しています!
  1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 健康・医療 >
  4. お知らせ >
  5. 手足口病が流行しています!

手足口病が流行しています!

登録日:2019年7月11日

奈良県内の流行が「警報」レベルに

奈良県内の手足口病の流行状況について、定点あたり報告数(第24週:6月10日から6月16日)が警報基準(5.0)を超え、5.74となり『警報』が発令されました。
 
奈良市におきましても、第25週の報告数は6.33と警報レベルに達し、手足口病の患者数は増加しています。
 
特に乳幼児の報告数が多いため、乳幼児のいるご家庭や集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは、おむつ交換時には排泄物を適切に処理し、流水・石鹸での手洗いで感染予防に努めてください。
 
また、大人にも感染することがありますので、手洗い・うがいをし感染予防に努めましょう。
 
 

手足口病とは

5歳くらいまでの幼児を中心とした疾患ですが、学童でも流行的発生がみられることがあります。
 
ウィルスの感染によって起こる感染症で、感染してから3~5日後に、口の中や手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。
 
発熱は3分の1に見られますがほとんどが軽症で、通常は3~7日で軽快しますが、まれに急性髄膜炎、心筋炎などの合併症を起こします。
 
感染経路は、咽頭から出たウイルスによる飛沫感染、便中から出たウイルスによる経口感染水疱内容物からの接触感染です。
 
症状がなくなった後も2~4週間は、便の中にウイルスが排出され、人への感染の可能性があります。
 
 

予防と治療について

  • 予防接種や予防するための薬はありません。
     
  • 特別な治療を要しないことがほとんどですが、十分な観察を行い、元気がない、頭痛、嘔吐、高熱などが続くなど髄膜炎などが疑わしい場合には、早くに医療機関を受診することが重要です。
     
  • 口内炎ができて痛むため、食べ物や水分がとりにくくなることがあります。軟らかめで薄味の食べ物をすすめること、何より水分不足にならないようにすることが重要で、薄いお茶やスポーツ飲料などを少量、頻回に与えるようにしましょう。
     
  • 感染予防のため、こまめに石けんと流水で手洗いをし、タオルの共用を避けましょう。また、排便後、おむつ交換後、食事前の十分な手洗いが大切です。

     

                                      手足口病に関するQ&A (厚生労働省ホームページ)

 

 

このページのお問い合わせ先

健康医療部 保健予防課
電話番号:0742-93-8397
Fax番号:0742-34-2486

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時30分~18時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.