ひとり親家庭等日常生活支援事業

更新日:2017年11月28日

 ひとり親家庭等日常生活支援事業とは

 母子家庭、父子家庭、寡婦の方が、自立に必要な理由や疾病などの理由により一時的に生活援助・保育サービスが必要な場合や、生活環境の激変により日常生活を営むのに支障が生じている場合に、家庭生活支援員が食事や身の周りの世話などを行います。

 この事業は、奈良県母子福祉連合会に委託して行います。

 奈良県母子福祉連合会のホームページはこちら

 

○対象家庭

 ・ 社会通念上必要と認めれる事由(急な疾病や出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、転勤、出張、学校等の公的行事の参加等)により、一時的に生活援助や保育サービスが必要な家庭

 ・自立促進に必要な事由(技能習得のための通学や就職活動等)により、一時的に生活援助や保育サービスが必要な家庭

 ・奈良県母子家庭等就業・自立支援センター(スマイルセンター)での講習受講時に保育サービスが必要な家庭

 ・未就学児を養育しており、就業上の理由により帰宅時間が遅くなる(所定内労働時間の就業を除く。)など、定期的に生活援助又は保育サービスが必要な場合

 

家庭生活支援員について

 一般社団法人 奈良県母子福祉連合会に登録された家庭生活支援員は、訪問介護員(ホームヘルパ-3級以上)、保育士、看護師の資格を有する方です。

 

支援内容と期間

 支援内容は下記の2種類に分類され、派遣等の日数は、日常生活等に支障が生じている状況に応じ必要と認められる期間です。ただし、1カ月あたりの利用時間に上限があります。

生活援助 家事、介護、食事の身の回りの世話など
子育て支援 保育サービスなど

※生活援助・子育て支援とも1時間からの利用となります。

 

○支援の実施場所

生活援助 申請者の自宅
子育て支援

家庭生活支援員の居宅

講習会等職業訓練を受講している場所

児童館等、ひとり親家庭等の利用しやすい適切な場所

 

利用料

 支援内容と利用世帯区分別に費用がかかります。

1時間あたりの利用者負担額>

利用世帯区分

生活援助           子育て支援 
生活保護世帯 0円 0円
市町村民税非課税世帯 0円 0円
児童扶養手当支給水準の世帯 150円 70円
上記以外の世帯    300円 150円

 ◎寡婦(夫)控除のみなし適用対象事業

 対象者については、みなし寡婦(夫)の届出をしていただくことで、寡婦(夫)控除のみなし適用を受けることができます。寡婦(夫)控除のみなし適用を受けた結果、利用区分が変更し利用料が減額される場合があります。

 詳しくはお問い合わせ下さい。

 

利用のための手続き

  子育て相談課で事前の登録が必要です。

  登録後は、一般社団法人 奈良県母子福祉連合会へ直接利用の申し込みができます。

 ※急なご利用の場合、ご希望の日時に家庭生活支援員が見つからない場合があります。

 

○登録期間について

  登録期間は8月~翌年7月です。

  (次年度以降も継続して利用する場合は、新たに申請が必要です。) 

このページのお問い合わせ先

子ども未来部 子育て相談課
電話番号:0742-34-4804
Fax番号:0742-34-4817

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.