1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. 衛生 >
  5. 食品衛生 >
  6. お知らせ >
  7. 有毒植物による食中毒に注意しましょう
  1. 奈良市トップページ >
  2. くらし >
  3. 健康・医療・保健 >
  4. 衛生 >
  5. 食品衛生 >
  6. 食の安全・安心情報 >
  7. 食に関する注意喚起 >
  8. 有毒植物による食中毒に注意しましょう
  1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 健康・医療 >
  4. お知らせ >
  5. 啓発 >
  6. 有毒植物による食中毒に注意しましょう

有毒植物による食中毒に注意しましょう

山菜狩りなどで誤って有毒な野草を採取し、食べたことにより、食中毒が発生しています。

有毒植物などによる食中毒で、死者も発生しています。

食用の野草と確実に判断できない植物は、絶対に採らず、食べず、売らず、人にあげないようにしましょう。

家庭菜園や畑などで、野菜と観賞植物を一緒に栽培するのはやめましょう。

山菜に混じって有毒植物が生えていることがあります。山菜狩りなどをするときは、一本一本よく確認して採り、調理前にもう一度確認しましょう。

野草を食べて体調が悪くなったら、すぐに医師の診察を受けましょう。

食用と間違えやすい有毒植物の例
バイケイソウ スイセン トリカブト
バイケイソウ スイセン トリカブト

【中毒症状】
食後30分~1時間で、吐き気、嘔吐、手足のしびれ、呼吸困難、脱力感、めまい、痙攣、血圧低下など。重症の場合は意識不明になり、死亡する。

【間違えやすい植物】
オオバギボウシ、ギョウジャニンニク など

【中毒症状】
食後30分以内で、悪心、嘔吐、下痢、流涎、発汗、頭痛、昏睡、低体温など。

【間違えやすい植物】
ニラ、ノビル、タマネギなど

【中毒症状】
食後10~20分以内で、口唇、舌、手足のしびれ、嘔吐、腹痛、下痢、不整脈、血圧低下、けいれん、呼吸不全に至って死亡することもある。

【間違えやすい植物】
ニリンソウ、モミジガサなど

 ・参考

厚生労働省(有毒植物による食中毒に注意しましょう)

このページのお問い合わせ先

健康医療部 生活衛生課
電話番号:0742-93-8395
Fax番号:0742-34-2485

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.