自殺対策

登録日:2018年8月28日

鳥

1.自殺の現状

日本の自殺者数は平成10年以降、毎年3万人を超える数で推移していたことから社会全体で取り組むべき大きな課題とされています。平成24年から3万人を下回るようになり、平成29年の自殺者数は21,321人と減少していますが、交通事故で亡くなる人の約5.7倍と依然として多くの人が自殺により亡くなっている現状が続いています。

2.奈良市の現状

奈良県は比較的自殺者が少ない県といわれていますが、奈良市でも平成29年は47人の方が、自殺により亡くなられています。

3.自殺とは

(1)自殺は追い込まれた末の死
自殺は個人の自由な意思や選択の結果と思われがちですが、実際には、こころやからだの健康問題、倒産・失業・多重債務などの経済・生活問題、職場における勤務環境、学校での問題など、様々な要因が複雑に関係して、心理的に追い込まれた末の死と言えます。
 
(2)自殺は防ぐことができる
相談・支援体制の整備など社会的な取り組みとうつ病などの精神疾患への適切な治療により、自殺を防ぐことが可能です。
 
(3)自殺を考えている人は悩みを抱えながらもサインを発している 
死にたいと考えている人も、心の中では「生きたい」という気持ちとの間で揺れ動いており、不眠、体調不良など自殺の危険を示すサインを発しています。身近な人が、それらのサインに気づき、対応することで自殺予防につなげることが重要です。

4.できることから始めてみよう

わたしたち一人ひとりがこれらの問題に早く気づき、早期に対処することで、問題解決の糸口を見つけることができるかもしれません。大切な人が悩んでいたら声をかけてください。

自殺対策の4つのポイント・自殺のサイン(PDF143KB)

それぞれの悩みに応じた相談先 奈良市自殺対策相談窓口一覧(平成30年7月現在)(PDF430KB)

保健予防課の相談窓口の案内(PDF134KB)

5.自分や家族の心の健康度をチェックしてみよう

  こころの体温計 

6.奈良市における自殺対策の取り組み

(1)自殺に対する偏見をなくすことや相談窓口の周知を図るために啓発を行っています。

・予防週間(9月)、強化月間(3月)のパネル展示

・市民研修会の開催 など

奈良市自殺対策相談窓口一覧(平成30年7月現在)(PDF430KB)の作成 など                    

(2)悩みに気づく人を1人でも多く増やし、地域の自殺予防力を高めるために、市民や関係機関の方を対象に研修会を行っています。

・市民研修会

・関係機関職員研修 など

(3)専門の相談窓口を開設しています。

保健予防課の相談窓口(PDF134KB)

7.関連リンク

知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス総合サイト こころのメンテしよう 若者を支えるメンタルヘルスサイト 働く人のメンタルヘルスポータルサイト こころの耳    

いきる支える自殺総合対策推進センター(都道府県・政令指定都市別相談窓口一覧)

いのちと暮らしの相談ナビ(生きる支援の総合検索サイト) 

 

このページのお問い合わせ先

健康医療部 保健予防課
電話番号:0742-93-8397
Fax番号:0742-34-2486

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.