1. 奈良市トップページ >
  2. 緊急情報 >
  3. 熱中症に注意しましょう(暑さ指数予報)
  1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 健康・医療 >
  4. ご注意ください >
  5. その他の注意喚起 >
  6. 熱中症に注意しましょう(暑さ指数予報)
  1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 健康・医療 >
  4. お知らせ >
  5. 啓発 >
  6. 熱中症に注意しましょう(暑さ指数予報)

熱中症に注意しましょう

暑さ指数
奈良の暑さ指数(実況と予測)

高温注意情報
高温注意情報(気象庁)

暑さ指数(WBGT)は単純に気温だけでなく、湿度や日差しの違いをも考慮しており、熱中症予防に役立つ指標です。最高気温だけでなく、暑さ指数を参考にすることで、より的確な熱中症予防が可能で、暑さ指数(WBGT)が28℃(厳重警戒)を超えると熱中症患者が著しく増加します。上記のリンク先(環境省熱中症予防情報サイト)から、暑さ指数が確認できますので熱中症予防の参考にしてください。

※暑さ指数は目安であり、低い場合でも、周囲の環境、当日の体調、屋外での作業内容などに注意して、熱中症による事故が起こらないないように十分に注意して行動してください。

 

熱中症に注意しましょう

熱中症は気温などの環境条件だけでなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。

熱中症を正しく理解して、予防に努めましょう。
 

熱中症の予防法

1.暑さを避けましょう

外出の際は、日陰を選んで歩いたり、日傘・帽子を使って暑さを避けましょう。屋内にいる時は、すだれ・カーテンを使い直射日光を防ぎ、扇風機やエアコンなどの冷房機器で室温や湿度を調整しましょう。
 
2.服装を工夫しましょう

近年、販売されている吸汗・速乾素材や軽・涼スーツなどを活用しましょう。
襟元はなるべくゆるめて通気しましょう。
 

3.こまめに水分を補給しましょう
暑い日には、知らず知らずにじわじわと汗をかいています。喉が渇く前あるいは暑いところに出る前から水分を補給しておくことが大切です。
ただし、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排泄してしまうので、水分をビールなどで補給しようとする考え方は誤りです。
 
4.急に暑くなる日に注意しましょう
熱中症は、例年、梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向があります。人間が上手に発汗できるようになるには暑さへの慣れが必要です。
急に暑くなった日や久しぶりに暑い環境で活動した人は、熱中症になりやすいので、注意が必要です。
 
5.暑さに備えた体作りをしましょう

暑さへの順化(慣れ)は、日常の運動によっても獲得できます。汗をかかない季節からでも、ウォーキングなどで汗をかく機会を増やすことで、夏の暑さに負けない体をより早く準備できることになります。
また、熱中症の発生には、その日の体調が影響します。普段から生活のリズムを整え、栄養と十分な睡眠をとることが大切です。

 

高齢者と幼児は特に注意が必要です


[高齢者の注意点]

高齢者は温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症になることがあります。
感覚で暑さを判断せず、温度計などを用いて確認し、水分をこまめに補給しましょう。

  • エアコンが苦手な方も、風が直接あたらないようにするなどして、上手に冷房機器を活用してください。
     

[幼児は特に注意] 子どものための熱中症予防

幼児は体温調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。吸湿性、通気性のある服装を選んであげましょう。  
 

  • 自分の体調を上手く表現できないので、「しんどい」「頭が痛い」などの訴えを見逃さないようにしましょう。  

  • 晴れた日は、地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人以上に暑い環境にいます。特に注意が必要です。

    子どもの熱中症 

 

熱中症の症状

分類 症状
軽度
(1度)


めまい

失神

筋肉痛・筋肉の硬直

大量の発汗

中度
(2度)


頭痛

吐き気・嘔吐

倦怠感・虚脱感
 

重度
(3度)


意識障害

けいれん

手足の運動障害

高体温

めまい、立ちくらみ、頭痛などの症状があれば、熱中症を疑いましょう。

症状がある人を1人にしないようにしましょう。

 

熱中症の対処法

1.まず、涼しい場所へ避難しましょう

2.衣服をゆるめましょう

3.ぬれタオルなどで皮フをぬらし、うちわや扇風機で風を送り、体を冷やしましょう
  ※症状が重い場合は、氷のうや保冷剤などで首・脇の下・太ももの付け根を冷やしましょう

4.水分・塩分(イオン飲料、0.1~0.2%の食塩水など)を補給しましょう
  ※意識がない、もうろうとしている場合は無理に飲ませないようにしましょう

※意識がない、けいれんがあるなど重い症状のときは、救急車を要請しましょう

⇒ くわしくは「熱中症の応急手当」(消防局からのお知らせ)

  

熱中症予防に関する情報

  1. 厚生労働省「熱中症関連情報」 

  2. 環境省熱中症予防情報サイト「熱中症について学べる動画」

  3. 環境省熱中症予防情報サイト「熱中症環境保健マニュアル」

  4. 環境省熱中症予防情報サイト 

  5. 総務省消防庁熱中症情報(予防啓発ビデオ・リーフレットほか)

 ※左記より熱中症予防のリーフレットがダウンロードできます。

このページのお問い合わせ先

健康医療部 医療政策課
電話番号:0742-93-8392
Fax番号:0742-34-2482

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.