谷崎潤一郎の月ヶ瀬説明文

 昭和4年(1929)10月改造社「日本地理体系」近畿編の月ヶ瀬の写真に対して、先生は次の文を添えている。

 「名所というものはいってみると、さほどでもないところが多い。けれど昔から吉野と並び称されている月ヶ瀬の梅ばかりは、まことにその名にそむかない。いつから有名になったのかはよく知らないが、恐らく頼山陽や斉藤拙堂の詩文によって、一層著聞するようになったのであろう。あのさつき川の水を挟んで延々一里に余る渓谷に、真珠の粒をばらまいたような萬朶の花の香る景色を、私は毎年早春頃になると思いだす。今年も行ったし、二、三年前にも行ったが又、来る年も来る年も、暇さえあれば何時でも行きたいと思う。」

いざさらばこよひは此の処に宿からむまだみぬ花の香をしのびつつ
わが宿の梅のさかりをよそにして訪ねてぞ来し月ヶ瀬の里

谷崎 潤一郎(1886~1965)
昭和四年三月 伊賀より月ヶ瀬に遊びて
谷崎潤一郎詩碑


 

このページのお問い合わせ先

月ヶ瀬行政センター 地域振興課
電話番号:0743-92-0131
Fax番号:0743-92-0320

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.