1. 奈良市トップページ >
  2. こんなときは >
  3. 健康・医療 >
  4. ご注意ください >
  5. その他の注意喚起 >
  6. 感染性胃腸炎(ノロウイルス等)が流行しています!
  1. 奈良市トップページ >
  2. 市役所ご案内 >
  3. 各課のページ >
  4. 健康医療部 >
  5. 保健予防課 >
  6. 感染性胃腸炎(ノロウイルス等)が流行しています!
  1. 奈良市トップページ >
  2. 市役所ご案内 >
  3. 各課のページ >
  4. 健康医療部 >
  5. 保健予防課 >
  6. お知らせ >
  7. 感染性胃腸炎(ノロウイルス等)が流行しています!

感染性胃腸炎(ノロウイルス等)が流行しています!

今シーズンは平成28年10月に入ってから、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生が起きています。

 

流行状況を示す市内の一定点医療機関あたり患者報告数が第48週(11月28日~12月4日)で『21.22(人)』と、警報レベルの『20(人)以上』を超えました。

 

ノロウイルスはヒトの小腸で増殖し、吐物やふん便とともに排出され、手指等を介しヒトからヒトに感染します。

 感染予防のために、十分な手洗いをこまめに行い、感染性胃腸炎に感染した疑いのある人の吐物やふん便を処理するときは、手袋・マスクを着用し、十分換気をした上で液体塩素系漂白剤で消毒しましょう。 
 特に感染拡大しやすい、保育園、幼稚園、小学校等の施設や高齢者施設においては十分な感染防止対策をとりましょう。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎とは?

感染経路

食べ物から

 ノロウイルスに汚染された食品(主にカキなどの二枚貝)を生あるいは十分に加熱調理しないで 食べた場合感染します。

嘔吐物や便から

 何らかの理由により感染した人の嘔吐物や用便後の手洗い不十分な手指から、周囲へ感染することもあります。


症状


 潜伏期は、24時間~48時間で、吐気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱などの症状が出ます。通常、症状は1~2日でおさまりますが、嘔吐や下痢により脱水症状をおこすことがあります。


二次感染に注意

手洗い

 トイレの後、おむつ交換後、食事をつくる時、食事前は、石鹸と流水で手を洗いましょう。(詳しくは、感染予防のための手洗い (PDF 50KB)」をご覧ください)

嘔吐物や便で汚れた衣類の扱い

 汚れ物は、ゴム手袋など使用し、直接手で触れないようにしましょう。手洗いイメージ図
 手袋をはずした後も手を洗いましょう。
 衣類などを確実に消毒する場合は、塩素系漂白剤を使用しましょ う。。(詳しくは、排泄物・おう吐物の処理 (PDF 40KB)」「 消毒液の作り方 (PDF 13KB)」をご覧ください)


もしも感染性胃腸炎にかかってしまったら

 かかりつけの医療機関を受診しましょう。
 また、体力を消耗しないように十分な休養と睡眠をとりましょう。
 温かいお茶やスープなどがお勧めですが飲みやすいものを飲みましょう。


リンク

 *別ウィンドウを開きます

 

このページのお問い合わせ先

健康医療部 保健予防課
電話番号:0742-93-8397
Fax番号:0742-34-2486

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.