7月(文月)

地蔵会「着せ替え法要」 ( 伝香寺 )

地蔵会「着せ替え法要」の写真 「裸のお地蔵さん」として知られる秘仏・地蔵菩薩立像を特別開扉。地蔵の衣の着せ替えが行われ、細かく切って分けられる古い衣は、諸願成就・安楽往生に功徳があるとされています。

帯解子安地蔵会式(おびとけこやすじぞうえしき) ( 帯解寺 )

帯解子安地蔵会式の写真 20メートルもの紅白の岩田帯を持った約40人が、雅楽に合わせて岩田帯練供養を行います。
 本堂に「帯解子安地蔵大菩薩」と書かれた大提灯が点火され、本尊の宝前に百味(百種類)の御膳を供えて、多数の僧が華籠(けこ)をもち、読経しながら理趣三昧(りしゅざんまい)法要を修行。信徒代表が岩田帯を持って地蔵尊前に進み出て、求子・安産や家内安全・息災延命を祈願します。
 地蔵菩薩は釈迦如来の入滅後、弥勒如来が出現するまでの56億7千万年の間、無仏の世界に留まり、人々を教化する使命を持っており、過去から未来に至る罪から人々を救うとされています。わが国の地蔵信仰は古く奈良時代にまでさかのぼり、貴族から広く庶民の間にまで溶け込んで、子どもを守る菩薩として定着しました。
 境内及び寺周辺には、多数の夜店も出て賑わいます。

解除会(げじょえ) ( 東大寺 *新規ウインドウを開きます

解除会の写真 大仏殿前に茅草で作られた直径約3メートルもの輪が設けられ、僧がこれをくぐって厄除け法要を行い、疫病退散と家内安全を祈願します。

 

 

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページの先頭へ

奈良市役所
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1
業務時間 :
8時30分~17時15分
市役所コールセンター
電話 : 0742-36-4894 Fax : 0742-36-3552
(平日 :
8時~19時 土・日・祝 :9時~17時)

Copyright © 2012 Nara city. ALL Rights Reserved.